茂塾の教務理念について

おはようございます。

「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

先日の平成28年4月24日(日)の折り込みにて当塾のパンフレットを入れさせていただいております。

早速のお問合せをいただき、誠にありがとうございます。

昨日は、お忙しいところ、また足元の悪い中、面談等に足を運んでいただきました方々におかれましては、心より感謝申し上げます。

 

先のブログでご報告はいたしましたが、当塾が開催する「GWの集中特訓」についても多くのお問い合せをいただいているところです。

まだ受付中ですので、ドシドシご応募とお問い合わせをお願いいたします。

 

さて、昨日ですが、「茂塾」の生徒さんから「ブログ見ました!」と言っていただきました。

素直に嬉しかったです。忙しいのに、見てくれてありがとう!

私がこのブログを書く理由は一つです。

「茂塾」の生徒さんたちが昼夜問わずに、勉学に励み、前向きに勉強をしているからなのです。

「茂塾」の生徒さんたちが本気になって己の限界に挑戦している姿を保護者の方をはじめ、皆さんに発信していくことが必要だからなのです。

前日にどうしてもやっておかなければならなくて、どうしても気になり、自習室で朝から勉強をしている「茂塾」の生徒さん。他の学校が終了次第、急いで「茂塾」の自習室に来る生徒さん。特段開始時刻を設けていなくても、自分ルールに従い、朝早くから自習室に来て、「ぎりぎり間に合いました!」と言って勉強に取り組む生徒さん。

本当に、私が知る限り、宮崎市いや宮崎県内でこれだけこの時期に自分を追い込みがら、受験勉強に取り組む生徒さんは居ないと思います。

 

そんな「茂塾」の生徒さんたちが皆、私は大好きです。

絶対にこの姿勢と努力は実を結ぶから、とことんまでやりましょう!

 

ここからが本日の本題です。

私たち「茂塾」の教務理念の一部については、先日ブログにて書き記した通りです。

本日は、残りの教務理念を述べさせていただきます。

 

・入試は人生最初の ”カベ”

私たち「茂塾」では、入試という ”カベ” から逃げたりせず、自分たちで突破していくことのできる力を知識面、精神面、そして仲間関係の面から培っていく指導を行います。生徒一人ひとりがどのような道を進みたいかを一緒に模索しながら進路指導を行います。

”意志あるところに道は開かれん” 共に意志を築き、共にそのための努力をします。

 

・興味・関心を引き出し、学力につなげる

発達段階にある子どもは本来、知的好奇心が旺盛で、吸収力に富んでおり、新しい発見に喜び、新たなモノを創造する力を宿しています。私たち「茂塾」では、このような子ども本来の特性を最大限に引き出し、それを学力向上に繋げていけるように、子どもの意識状況をしっかりと把握して練りに練ったカリキュラムで指導していきます。

 

・仲間が活力となり、成長の原動力となる

さらに仲間関係をはじめ、大人の先生との人間関係を通じて、子どもたちは考える力や表現力、対話力を身につけていきます。そこで、このような人間性の基礎を育む場として、平常授業だけでなく、みんなが一緒に勉強できる自習室を提供していきます。仲間たちと信頼感や充足感を共有しながら、互いに頑張っていく中で、子どもたちの ”自立心” や ”精神力” は自ずと磨かれ、鍛えられていきます。

 

・復習の徹底が一番の近道

私たち「茂塾」では予習はありません。効率的な反復学習を行えば、偏差値を上げることは可能です。勉強は復習をしないと身につきません。授業で学んだ内容を翌週に復習テストでしっかりとチェックして、確実に定着させます。

 

・私たち「茂塾」の行動面での目標

自立すること、社会と調和して暮らせること

行動面を支える心理面での目標は、私たちは能力があるという意識、人々は私たちの仲間であるという意識をもつことです。

 

以上が、私たち「英語専門 茂塾」の教務理念です。

 

それでは。

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿