「GW集中特訓」を終えて

おはようございます。

「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

先ずは、平成28年4月29日(金)から平成28年5月5日(木)までの6日間、当塾の「GW集中特訓」にご参加いただきました、生徒の皆さんお疲れさまでした。

また、その期間に送迎やお弁当作りをしていただきました保護者の皆さまにおかれましても、ご協力を賜り心から感謝申し上げます。そして、心身ともに疲れ果てている生徒さんたちを思いっきり褒めてあげてください。「茂塾」の生徒さんたちはやり遂げました!

生徒の皆さんは、今回の「GW集中特訓」で、勉強を習慣化することを身をもって感じたと思います。そして、一人で立ち向かわなければならない受験に対して、自分に打ち勝つ術を学んだのではないかと思います。

勉強は復習をしないと身につきません。「GW集中特訓」で勉強したことは、エビングハウスの忘却曲線によると、1日後には74%を忘れるといいます。

学習し、覚えたことを、忘れる前に繰り返し学習することで、忘れる確率は大幅に低くなります。

「GW集中特訓」にご参加いただいた「茂塾」の生徒さんたちは、勉強が定着化できたと思います。今日から学校も始まります。復習の徹底を行い、自分に対する自信を高めていきましょう。

 

本当に、皆さんお疲れさまでした。

 

当塾では、学習環境を良くするために自習室の無料開放を行っております。「茂塾」の生徒さんたちに十分な学習環境を作りたいからです。そうすることで、高い成績を残す生徒さんたちが多くなると思っております。

「GW集中特訓」、「自習室の無料開放」により、「勉強を習慣化する」ことができます。そうです。習慣は才能を超えるのです。

人は「知能(脳力)は持って生まれたもので、努力では上げることができない」と信じる人と「努力すれば、知能(脳力)自体も伸びる」と信じる人の2つのタイプのマインドセットに分かれると言います。

1つ目の限界マインドセットは、自分の中に変わることのできる可能性を感じられない心のクセ。これは言わば、こちこちに硬直した心。脳力は生まれつきのもので、努力しても伸びないと思っているので、「私の器はこの程度」と「これが私の限界」などと思ったり、口にしたりしがちです。これを持つ人は、自己防衛型で、自分の限界を自分で決めている人とも言えます。

2つ目のワクワクマインドセットは、自分の中に変わることのできる可能性を感じられる心のクセ。言わば、伸び伸びとしなやかな心。脳力は何歳からでも伸びると信じているので、「まだまだいける」とか「ワクワクする」というような言葉を多く発します。そして、挑戦は自分を成長させてくれる機会ととらえるので、自然に旺盛な挑戦者マインドを持つに至ります。

限界マインドセットの傾向があり、現在に至っては「ワクワクすることなど滅多にない」と感じている人も、また場合によっては、この話を聞いてもまだ「脳力自体が伸びる」などとはにわかに信じられないと感じる人も、実は元々はワクワクの天才だったのです。それが、周りの影響や環境で、知らず知らずのうちに心の柔軟さを失い、固定的な考え方や価値観を積み上げてきただけなのです。

 

元々積み重ねにより転換したものだから、今日この日からの別の積み重ねにより再転換することもできるということです。

(限界マインドセット)

・努力しても脳力は変わらない

・よく見せたい「できるだけよく見せたい」

・失敗は過ち「失敗すると取り返しがつかない」

・自己防衛型「ダメな人間だと思われたくないから、難しいことには挑戦したくない」

(ワクワクマインドセット)

・努力すれば脳力は伸びる

・よくなりたい「難しいことに挑戦して成長したい」

・失敗は自己投資「気づきの多い失敗は自己投資」

・課題挑戦型「難しい課題も、どうすれば解決できるか考えてみる」

こうしてみると、「茂塾」の生徒さんさちは、もちろん「ワクワクマインドセット」をお持ちの方ばかりなのだと感じます。

限界突破を目指している生徒さんたちばかりですね。

 

さて、本日より「茂塾」も通常授業となります。

高校一年生   : 水曜日 と 土曜日 20:00 ~ 22:00(120分×週2回)

高校二年生   : 火曜日 と 金曜日 20:00 ~ 22:00(120分×週2回)

高校三年生   : 月曜日 と 木曜日 20:00 ~ 22:00(120分×週2回)

既卒性     : 月曜日 と 木曜日 14:00 ~ 16:00(120分×週2回)

オプション講座 : 毎週土曜日     17:00 ~ 19:00(120分×週1回)

(古文・世界史・日本史)

 

定員は、各クラス24名です。

今なら、平成28年5月31日までの入塾は「入塾金無料」です!

よろしくお願い申し上げます。

 

それでは。

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿