教育費について

おはようございます。

「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

昨日の新聞より

以前にも「ブログ」で書き記した通り、大学の地元志向が高まっているようですね。

東京大など東京都内の主要大学で、合格者に占める首都圏の高校出身者の割合が高まっております。東京大、東京工業大、一橋大、早稲田大、慶応大の5大学では、今春の入試合格者の55~75%を首都圏(東京都、埼玉、千葉、神奈川県)の高校出身者が占めたということです。この数字は30年間で約1.4倍に増えており、中でも首都圏の私立中高一貫校が合格実績を伸ばしているようです。

背景としては、首都圏の受験生の多くが地方の大学を目指さないこと、そして仕送りの負担増などによる地方の受験生の東京離れが指摘されています。いわば、首都圏と地方のそれぞれの受験生の「地元志向」が相まった結果ということになるかもしれないとのことです。

地方都市における若者の「地元志向」の高まりについては、これまでにも指摘されてきました。首都圏における「地元志向」の高まりは、二つの観点から懸念すべきものだと考えられているようです。

第一に、大学内における多様性の欠如です。

第二に、日本国内での流動性の停滞です。

すでに早稲田大や慶應大などは、地方出身の学生を対象とした奨学金制度をつくったり、地域性を重視した選考を行うアドミッション・オフィス(AO)入試を設けたり、学生の出身地の多様性を目指す方策をとっております。しかし若者の流動性と多様性を確保するためには、教育費への公的サポートのより一層の充実など、国を挙げての対策も必要であるとのことです。

 

それでは、子どもにかかる教育費はどのくらい必要なのでしょうか?

子どもの教育は、老後資金、住宅購入と並んで人生の3大支出と言われております。

〇幼稚園入園3歳(3年間)

公立 :  67万円

私立 : 149万円

〇小学校入学6歳(6年間)

公立 : 193万円

私立 : 921万円

〇中学校入学12歳(3年間)

公立 : 145万円

私立 : 402万円

〇高校入学15歳(3年間)

公立 : 123万円

私立 : 299万円

〇大学入学18歳(4年間)

国立 : 284万円

公立 : 290万円

私立 : 548万円

幼稚園から大学卒業までの教育費は、

すべて公立の場合、  817万円

すべて私立の場合、2,319万円 となっております。

また、大学受験にかかる費用については、下記の通りです。

センター試験3教科以上  18,000円

センター試験2教科以下  12,000円

国公立2次試験 平均   17,000円(1校あたり)

私立大一般入試 平均   30,000円~35,000円(1校あたり)

それに加え、交通費と宿泊費が別途かかるでしょう。

また、大学生になると、学費以外にも生活費の出費が大きくなります。「平成26年度学生生活調査」によると、生活費(食費、住居、光熱費、娯楽、日常費)の年間平均は寮の場合約82万円、下宿・アパートの場合約103万円かかっているようです。

 

宮崎県は、高校生の県内就職率が全国最下位となっております。

大学進学を目指して、大学を県内にするか県外にするかで大きく教育費は変わりますが、大学卒業までの費用というのは家庭への経済的負担が大きいことが分かります。

 

それでは。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102号

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474