プロフェッショナルの習慣とは

おはようございます。

「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

昨日も多くの生徒さんたちが自習に来ておりました。

高校3年生については、部活動も終わり、気持ちの切り替えが難しい時期であると思います。

しかし、こうして「茂塾」に足を運ぶことが重要なのです。「茂塾」に来れば意識の高い生徒さんたちがおり、そこには「気づき」があるはずです。

私たちは、毎日待ってますからね!

そして、昨日は「茂塾」の体験授業を受けていただいた生徒さん、お疲れさまでした。

「茂塾」の空気感を味わうとともに、授業内容も充実していることを感じていただけたら幸いです。

 

さて、日本プロ野球史上最高の選手と言っても過言ではない男、それがイチローこと鈴木一朗選手。ご存知のように、イチロー選手は、特別に恵まれた体格を持った選手ではありません。屈強な体格を持つ選手が多く集まるMLBにおいては、むしろ最も小柄な部類に入るでしょう。プロ野球に入った時も、決して「10年に1人の逸材」的な言われ方、つまり「鳴り物入り」で入ったわけでもありません。1991年のドラフトでは、実にオリックスからの4位指名だったのです。

そんなイチロー選手がいかにして、ここまでの選手に成り得たのでしょうか?

さまざまな要素がある中で、私が注目するのは、その習慣力です。そのことを象徴するのが、彼のこの言葉です。

「夢をつかむというのは一気にはできません。小さなことを積み重ねることで、いつの日か信じられないような力を出せるようになっていきます。」

小学校の時代から、来る日も来る日もバッティングセンターに通い、小さなことを積み重ね続けたイチロー選手。

彼はこうも言っています。

「高校時代、毎日10分だけ素振りをしました。1年365日、3年間続けたそのことで、たった10分がすごい時間に感じ、誰よりも継続したことで強い気持ちが持てるようになりました。」

そして、彼が教えてくれるシンプルで、重い言葉がこれです。

「特別なことをするために、特別なことをするのではない。特別なことをするために、普段通りの当たり前のことをする。」

当たり前のことを普段ごととしてしっかりと習慣化し、絶え間なく行う。彼の行動や発言の中に、習慣化に関する事項がいくつもあるのが分かります。

例えば、バッターボックス立つ前には、同じストレッチや、バットを縦に振るような独特な素振りを必ず行います。テレビ中継やニュースなどで、イチロー選手の打席を何回も観てきましたが、これらのルーティンを欠かすようなケースを観たことがありません。

また、「無事これ名馬」と言いますが、イチロー選手ほど怪我をしない選手は珍しいと思います。実際に、彼が怪我で長期の離脱をした記録はありません。だからこそ、これだけの実績を残し続けており、選手としてのピークは既に過ぎたものの、40歳を越えてもメジャーリーガーとして活躍することができているのではないでしょうか。

また、イチロー選手は必ず8時間の睡眠を取るようです。この習慣も、怪我をしない体の状態を保つことに貢献していると思います。そして、イチロー選手の体は凄く柔らかい。普段からの弛まぬストレッチの習慣によって、人並み外れた柔軟性を身に付けていったそうです。さらには、イチロー選手は極力階段を使わないそうです。細かなことを習慣として徹底することによって、「無事これ名馬」としての側面を持ち合わせているのでしょう。

 

こうした徹底した習慣化の取り組みがあり、それらが怪我をせず、ロングランで優れた実績を残し続けるイチロー選手をつくり上げているのでしょう。

 

「茂塾」の生徒さん、ほんの少しの時間でも構いません。毎日「茂塾」に通う習慣を身に付けていきましょう。そして、小さな成功を積み重ねて、自分の自信に変えて、それぞれの目標を達成しましょう!

 

それでは。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102号

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474