「知っている」と「やっている」の差

おはようございます。

「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

習慣を身に付けるための実践は、何日かに1回、力を入れてやるというようなものではありません。日々の粛々とした小さな実践の繰り返しです。この繰り返しが、やがてとてつもないパワーにつながっていくのです。

「知っている」と「やっている」の差というものがあります。

「知っているよ」という態度をとった時点で、それまでの理解レベルで留まってしまいます。そんなときは、「まだわかっていない面があるかもしれない」と思うようにしましょう。そういう気持ちで聞くと、そのことについての新たな側面や、違う角度の理解が得られやすくなります。せっかく時間を使って聞くのだから、「知っているよ」という態度を取って、そのレベルに留まってしまうことは、とてももったいないことなのです。

経験上、こういう態度を取る人に限って、残念ながら理解が浅く、本質にたどり着いていない場合が多いと思います。これは当たり前なのです。こういう態度を取り続けると、深く学ぶ機会をどんどん失っていくからです。

習慣化には段階というものがあります。これは、物事の習熟段階に似ています。まずは、習熟段階の話をしましょう。

事の習熟には段階があります。これを覚えておくと、「自分が今どの段階にいるのか」という客観視ができるようになってきます。

例えば、スノーボードやスキーをやったことがある人もいると思います。これらのやり方、滑り方を知らないという段階が、「知らない」という段階です。仲間と初めてゲレンデに行くことになって、事前に本を買って、滑るときの身体の動かし方や、板の斜面に対する立て方などを学んだとします。

これは、「知っている」という段階の初期です。まだ不安なので、もう1冊買ってきて、さらに勉強します。「知っている」の段階がちょっと進みます。

何事も実践してみなければ、本当のことはわからないのです。スノーボードやスキーをやったことがある人は、リアルにわかると思いますが、スノーボードやスキーを履いて初めてゲレンデに立ったときは、それまでイメージした感じとまったく勝手が違います。まるでコントロールできない状態になるのです。この状態で、リフトの乗り降りなどを想像すると、倒れそうになるくらい不安になります。

それでもスキー教室などで基礎を習って、実際に緩い斜面で滑り始めると、何となくできるようになってきます。これが ” できる ” の初期段階です。そして、1日、2日と実践していくと、楽しさも生まれ、大分滑れるようになってきます。滑ることができるようになるのは、本で勉強したからではなく、実際に体験して、頭だけでなく、身体で覚えていくからです。この「体得」こそが、本当に重要なことなのです。

しかし、この ” できる ” という段階では、まだかなり意識していろいろな体の動きをしなければいけない段階で、何らかの違和感がありながら滑っている状態です。初級者、中級者あたりはこの段階です。でも、逆に言えば、違和感があるということは、実践をしている証拠です。是非この違和感を歓迎して、違和感を感じている自分を承認してあげてください。

これがさらに進み、何十日、何百日という経験をしていくと、かなり急な斜面でも、その状態に合わせ自然に身体が動いていくようになります。違和感は消えていき、身体をコントロールする意識から、無意識で滑っているくらいの感覚になります。これが「やっている」という段階です。これがさらに進むと、プロフェッショナルのレベルになっていきます。

参考書を読んで、読んだきりにしてしまったり、勉強会に参加して、「その話しってるよ」という態度をしてしまったりすることは、ここで言う「知っている」のレベルに自分を留まらせることになるのです。

もっと言えば、本当のプロフェッショナルは、何からでも貪欲に学ぼうとするからこそプロフェッショナルの領域にまで到達するのです。

 

そう、「知っている」と「やっている」とは雲泥の差があるのです。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102号

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夏期講習」(既卒生・高校3年生対象)

日  程       : 平成28年7月25日(月)~平成28年8月31日(水)

時間(既卒生)    : 17:00 ~ 19:00(毎週金曜日)

時間(高校3年生A) : 17:00 ~ 19:00(毎週金曜日)

時間(高校3年生B) : 17:00 ~ 19:00(毎週火曜日)

 

「お盆集中特訓」(全学年対象)

日  程       : 平成28年8月8日(月)~平成28年8月14日(日)まで

             ※平成28年8月11日(木)は休み 

時間(全学年)    :  9:00 ~ 23:00(うち休憩2.5時間)

 

「赤本チャレンジ」(既卒・高校3年生対象)

日 程 : 平成28年 7月17日(日)

時 間 : 午前10時から午後5時までの間(早く終了した生徒の方は早めに帰宅可能)

内 容 : 第一志望大学の過去問を本番の時間に合わせて解くこと

実施要項: 試験時間通りに解いて、時間配分とレベルを知ること

受講料 : 無料

持参物 : 赤本(大学の過去問)、赤本を持っていなければ、事前にお問い合わせください

申込方法: 平成28年 7月10日(日)までに下記までご連絡ください。

連絡先 : 0985-41-7474

--------------------------------------------