勉強にも役立つ断捨離力

おはようございます。

「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

梅雨明けをして、猛暑日が続いております。

「茂塾」の生徒の皆さんも少し疲れが出ている人もおられます。

体調管理を徹底することも、受験勉強の中の一つであると思います。

 

しっかりと休息をとって、「茂塾」に足を運んでくださいね。

 

さて、もったいない。悪い言葉ではありませんが、何にしても溜めすぎるとよくないものです。あふれているものを思い切って手放すことで見えなかったこともきっと見えてくるはずです。

「もったいない」、「いつかどこかで役に立つかもしれない」

そう考えていると、つい色々溜め込んでしまうものです。だんだん部屋が散らかっていき、いざ使いたいときにモノが見つからないこともありますよね。

片付けても片付けても散らかってしまう。その背景には、モノへの執着心があります。断捨離は、ヨガの断行・捨行・離行からきた考え方です。今あるモノを整理整頓する(=捨)というだけにとどまらず、新しく不要なモノが入ってくるのを断ち(=断)、最終的には、執着心自体を手放してしまおう(=離)という試みです。

断捨離は部屋の片付け術として紹介されることが多いですが、応用できる範囲は広く、勉強や仕事、人間関係にも適用できます。情報の洪水といわれて久しい昨今、情報収集にも断捨離の考え方を取り入れたいところです。

断捨離の真の目的は、物心ともにすっきりとしたその先にあります。例えば、余計なものがなくなることで、目の前のミッションに集中することができます。焦りや迷いが消え、気持ちに余裕が生まれることによって、クリエイティビティが生まれたり、新たな挑戦ができるようになったりもするのです。

 

(断捨離とは)

断る:入ってくる不要なモノを断つ

捨 :ずっとある不要なモノを捨てる

離 :モノへの執着から離れる

ヨガの断行・捨行・離行を応用した考え方。日本人には「もったいない」という美徳がありますが、それが過剰になると、使いもしないモノが捨てられず部屋にあふれている状態になります。それをスッキリと解決するアプローチなのです。

(断捨離が役立つもの)

断捨離の本質は、さまざまな物事に執着するクセから自由になり、生活をスッキリさせること。部屋の片付けに限らず、メンタル面にも応用できます。勉強の情報収取にも応用しましょう。

(断捨離が生み出すもの)

生活にモノ・コトがあふれていると、気が散りやすいが、断捨離で本来のミッションに集中できるようになれば、しっかりと実力を発揮できます。また、余計なものを手放してこそ、新しい挑戦をする余地も生まれてくるのだと思います。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102号

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夏期講習」(既卒生・高校3年生対象)

日  程       : 平成28年7月25日(月)~平成28年8月31日(水)

時間(既卒生)    : 17:00 ~ 19:00(毎週金曜日)

時間(高校3年生A) : 17:00 ~ 19:00(毎週金曜日)

時間(高校3年生B) : 17:00 ~ 19:00(毎週火曜日)

 

「お盆集中特訓」(全学年対象)

日  程       : 平成28年8月8日(月)~平成28年8月14日(日)まで

             ※平成28年8月11日(木)は休み 

時間(全学年)    :  9:00 ~ 23:00(うち休憩2.5時間)

--------------------------------------------