人間にしかない能力【自覚】

おはようございます。

「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

皆さまへお知らせをいたします。

昨日も、高校3年生のご面談があり、新しく入塾をすることが決まりました。おかげさまで「茂塾」もこの4か月で大幅に生徒の皆さんが増えて参りました。

つきましては、平成28年8月初旬をもって、高校3年生の入塾受け付けを終了したいと考えております。

誠に勝手ではございますが、何卒ご了承のほど、お願い申し上げます。

 

なお、高校2年生と高校1年生の入塾は随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

さて、「7つの習慣」とは「効果性の習慣」であると言われています。「効果性」とは、別の言葉で言えば、「長期的に結果を出し続けること」ということです。短期的な結果を出すのであれば、一時的に無理をしたり、原則に反した行動をとったりしても可能かもしれません。

しかし、長期的に結果や成果を出し続けるには、原則に基づいた行動が必要なのです。つまり、「7つの習慣」は、「長期的に得たい成果を得続ける」ための習慣であるとも言えるのです。

得たい結果を得続けるには、結果を生むものを育て維持しなければなりません。つまり、成果を得ることと、成果を生み出すものを育てること両方を行わなければならないのです。

その両方がバランスよく行われている状態を「効果性を発揮している」状態と言います。

 

「7つの習慣」では、

「P(Production=成果)」 / 「PC(Production Capability=成果を出す能力)バランス」と表現しています。

 

「7つの習慣」の最初の習慣は「主体的である」という習慣です。この習慣は、他のすべての習慣の基礎になる習慣でもあります。

皆さんは「選択の自由」があり、それを「自覚」することからすべては始まります。「自分で自分の行為を選ぶことができる」ということを知ることが、すべての第一歩だからです。

「主体的である」は、「自覚」することから始まります。辞書によれば、自覚とは「自分自身の立場・状態・能力などをよく知ること。わきまえること」とあります。この「自覚」によって、私たちは自分自身を正しく捉え、考え、学ぶことができるようになります。「自覚」する能力は、人間だけが持つ能力であり、他の動物にはありません。

自分の現状を知っていればこそ、目標やビジョンを描くことができます。「自転車に乗れない」と自分でわかっているから、「自転車に乗れるようになる」という目標を立てることができます。その逆はあり得ませんよね。

また、この「自覚」によって、内面の問題である「自分自身についてのパラダイム」も客観的に見つめることができます。この自己パラダイムは、私たちの行動や態度、他人に対する思いなどのすべてに影響しているものであり、こういったパラダイムを自分自身で変えることができるのです。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102号

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夏期講習」(既卒生・高校3年生対象)

日  程       : 平成28年7月25日(月)~平成28年8月31日(水)

時間(既卒生)    : 17:00 ~ 19:00(毎週金曜日)

時間(高校3年生A) : 17:00 ~ 19:00(毎週金曜日)

時間(高校3年生B) : 17:00 ~ 19:00(毎週火曜日)

 

「お盆集中特訓」(全学年対象)

日  程       : 平成28年8月8日(月)~平成28年8月14日(日)まで

             ※平成28年8月11日(木)は休み 

時間(全学年)    :  9:00 ~ 23:00(うち休憩2.5時間)

--------------------------------------------