社会の鏡

こんにちは。

「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

先日、えのもと 先生より、「生徒の皆さんが毎日朝早くから夜遅くまで、頑張っています」と。

そんな えのもと 先生も毎日、朝早くから夜遅くまで一緒になって生徒の皆さん一人ひとりに寄り添い、一緒に頑張っております。

「生徒に負けてられませんから!」とのことです。

 

生徒の皆さんと えのもと 先生に感化され、私も、もっともっと頑張らないといけないと素直に感じた次第でした。

 

「凡事徹底」当たり前のことを誰よりも一生懸命にする

 

「茂塾」の生徒の皆さんは、勉強というのが習慣化され、まさに誰よりも一生懸命になっております。

「夏期講習」が始まり、「夏期集中特訓」も平成28年8月8日(月)から平成28年8月14日(日)までの期間に開催されます。

体調を整えて、皆勤賞をとっていただきたいと思います。

 

さて、私たちは「自覚」によって、色々な判断や認識を行い、自分自身のことを考えるわけですが、実際は何か起きたとき、「〇〇だから仕方がない」「〇〇のときは〇〇するようになっている」「〇〇のときは〇〇するようになっている」「もともと〇〇なので無理だ」というように、制約や条件づけによって反射的に判断してしまうことが少なくありません。

ある程度の条件づけは必要なことですし、組織特有のルールは数多く存在します。しかしそういった条件づけに縛りつけられ、常にその条件によってしか判断されないとなれば、おかしな判断や行動が引き出されても不思議はありません。企業の不祥事や急激な業績不振は、こうした組織固有の論理がまかり通ってしまったことによるものが少なくありません。

 

「7つの習慣」では、人々には3つのパラダイム(決定論)が広く浸透していると紹介しています。

1つ目が「遺伝子的決定論」で、「どうせ生まれつき私は短気だからしょうがない。うちの家系はみんなそうだから、変えたくても変えようがない」というものです。

2つ目が「心理学的決定論」で、「親の育て方が悪い」と考えるパターンです。恥ずかしかったことや怒られた幼時体験を覚えていて、子どものときのそうした体験のせいで、自分が今こうなってしまっているという考え方です。

3つ目は「環境的決定論」で、「すべては周りのせい、会社、上司、学校、世間が悪いからこうなる」という考え方です。常に周囲に原因を求め、そのせいで自分はこうなってしまっている、自分の責任ではない、という考え方です。

 

現在でも、幼時体験やその後の経験がその人の人生を決定するという考え方はありますが、本当にそうでしょうか?

よく「過去」と「他人」は変えられない、と言います。

変わらないといけないのは自分であって、それはそう思ったときがスタートなのです。

 

私自身も、ポジティブに常に自分が変わらないといけないと思うように心掛けております。

「茂塾」の生徒の皆さんのように。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102号

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夏期講習」(既卒生・高校3年生対象)

日  程       : 平成28年7月25日(月)~平成28年8月31日(水)

時間(既卒生)    : 17:00 ~ 19:00(毎週金曜日)

時間(高校3年生A) : 17:00 ~ 19:00(毎週金曜日)

時間(高校3年生B) : 17:00 ~ 19:00(毎週火曜日)

 

「お盆集中特訓」(全学年対象)

日  程       : 平成28年8月8日(月)~平成28年8月14日(日)まで

             ※平成28年8月11日(木)は休み 

時間(全学年)    :  9:00 ~ 23:00(うち休憩2.5時間)

--------------------------------------------