言葉は自己達成予言となります!

おはようございます。

「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

昨日は、日曜日にも関わらず、多くの生徒の皆さんが自習に来てくれておりました。

本当にお疲れさまでした。

 

そして、今日から8月です!

思いっきり勉強して、成績を伸ばす夏、本気の夏にしましょう!

そして、自ら掲げた月間目標を達成しましょうね。

 

さて、なぜ主体的な言葉を発することが大切なのかと言うと、自分の発した言葉は、自己達成予言となるからです。反応的な人は「責任は自分にはない」「自分では選ぶことができない」という気持ちを、さまざまなバリエーションの言葉で吐き出します。これは得策ではありません。

それは、心理学でいう「自己達成予言」になるからです。こういった言葉を日常的に使うことにより、ますます「自分にはできない」というパラダイムを強く抱えることになり、「できない」証拠を自分自身に定着させてしまうのです。

一種のクセや習慣のようなものですが、こんな状態をずっと続けていけば、望ましい状況を自分でつくり出しコントロールする能力を失ってしまうことでしょう。

それに対して主体的な人は、「それはできない。時間がない。」という言葉に対しては「この時間の中で、できることは何だろうか。またこの時間の中で満足できる結果を出すには、他にどんな方法があるだろうか。」と相手に問いかけるでしょう。あるいは、「時間は作り出せばいい。決して不可能ではないはずだ。」というように、可能性を捨てずにチャレンジすることを選ぶかもしれません。

「仕方ない。やらなくてはならない。」に対しても、「この状況の中で私ができる、最大限のことをやる。」または「彼のニーズに貢献するために、私が応えることができるのはこの仕事だから、私はそれをやる。」といった言葉を発します。

つまり、自分の中にある価値観に従って、語り、行動するのです。

こうした主体的な言葉は、実際にできる方法を探すことにつながり、実際の行動にもつながります。

 

「茂塾」の生徒の皆さんは、非常に妥協を嫌い、前向きに、自分と戦っています。

「茂塾」には、月間目標を個人個人が記載して、それを貼っております。

主体的に、自分の掲げた目標を達成して、小さな成功を積み上げていきましょう!

 

それがやがて、大きな成功につながるのです。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102号

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夏期講習」(既卒生・高校3年生対象)

日  程       : 平成28年7月25日(月)~平成28年8月31日(水)

時間(既卒生)    : 17:00 ~ 19:00(毎週金曜日)

時間(高校3年生A) : 17:00 ~ 19:00(毎週金曜日)

時間(高校3年生B) : 17:00 ~ 19:00(毎週火曜日)

 

「お盆集中特訓」(全学年対象)

日  程       : 平成28年8月8日(月)~平成28年8月14日(日)まで

             ※平成28年8月11日(木)は休み 

時間(全学年)    :  9:00 ~ 23:00(うち休憩2.5時間)

--------------------------------------------