強制的にやる気を盛り上げていく

おはようございます。

「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

「茂塾」の生徒の皆さん、「夏期集中特訓」の前半戦 お疲れさまでした。

本日は、休塾日です。

エビングハウスの忘却曲線を思い出してください。

「夏期集中特訓」で覚えたことは、

20分後に42%

1時間後に56%

1日後に74%

1週間後に77%

1か月後に79%

上記のスピードで忘れていくのです。

 

本日は休塾日ですが、復習の徹底をして、自分管理の徹底も併せて行っていてくださいね。

 

「茂塾」の「夏期集中特訓」の意義は、下記の2つです。

①集中して勉強する時間を増やし、勉強体力をつける。集団で行うことで、より一層集中した環境で勉強ができ、同じ目標に向かって自分の限界に挑戦すること。

②友達との喋る時間を減らし、集中する時間を増やす。大学受験は1人で行うので、今の段階から1人で勉強する習慣を身に付けること。

 

また、やる気を持続する方法の1つに、「外的統制」と呼ばれるものがあります。これは心理学用語ですが、「外的な要因で自分の気持ちをコントロールすること」を意味します。

例えば、「茂塾」の「夏期集中特訓」に参加する、といったケースです。「茂塾」が設定したスケジュールに従って、なかば強制的に勉強をすることです。これが「外的統制」なのです。

私は、自宅ではやる気が出ないので、喫茶店に行って仕事をするときがあります。自宅では勝手気ままにできるので、「外的統制」が働きません。

一方、喫茶店などでは、「人の目」が「外的統制」として効果を発揮するのです。

「人が見ているところで、怠けているわけにはいかない。一生懸命に働いている姿を見せなければ」という意識が働くのです。

「茂塾」では、友だちや先生の目がありますから、いっそうこの「外的統制」の効果が働きやすい環境だとも言えます。

地域の友人同士が集まって一緒に朝のラジオ体操をするケースも、「外的統制」の効果を期待しているのです。

「今日はラジオ体操をするのは面倒だな」と感じた時、一人で体操をやっている人は怠け心に打ち勝つことができず、つい体操を休んでしまうということになる場合が多いと思います。しかし、仲間と一緒に体操をしていると、「私だけ参加しないのは申し訳ない。意志が弱い人間だと思われたくもないし」という気持ちが働いて、怠け心に打ち勝てるのです。

 

明日から、「夏期集中特訓」の後半が始まります。

きついとは思いますが、自分のやる気を盛り上げていきましょう!

 

それでは。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102号

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夏期講習」(既卒生・高校3年生対象)

日  程       : 平成28年7月25日(月)~平成28年8月31日(水)

時間(既卒生)    : 17:00 ~ 19:00(毎週金曜日)

時間(高校3年生A) : 17:00 ~ 19:00(毎週金曜日)

時間(高校3年生B) : 17:00 ~ 19:00(毎週火曜日)

 

「お盆集中特訓」(全学年対象)

日  程       : 平成28年8月8日(月)~平成28年8月14日(日)まで

             ※平成28年8月11日(木)は休み 

時間(全学年)    :  9:00 ~ 23:00(うち休憩2.5時間)

--------------------------------------------