塾長のきまぐれ一問一答

こんにちは。

「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

きまぐれではありますが、私から英語の問題を出題したいと思います。

 

007 動詞

 

破線部に入れるのに適切なものを1つ選べ。

The Olympic Games were a huge success because so many countries ---------- .

(A) participated

(B) played in

(C) represented

(D) took part in

 

I looked at him . の him は、「前置詞の目的語」と呼ばれています。まるで動詞の目的語のような扱いです。この英文を訳せば「私は彼を見た」ですから、at は「を」に対応します。「私は、見た」とは言えませんから、英語でも him を省略して I looked at . と言うことはできません。ということは take part in ~ は「~の中で部分をとる」⇒「~に参加する」という意味ですから、「参加する」と覚えるのはおかしいと分かります。つまり take part 「参加する」+ in ~ 「~に」です。

 

Come in . は「入って来いよ」の意味ですが、この場合には in の目的語はありません。これは Come into the room . から the room が省かれ、into が in に変わったものだと考えます。drop in at +建物「~に立ち寄る」は、drop in +建物+ at +建物から、最初の「建物」が省略された形と考えればいいのです。このような場合 in は前置詞ではなく副詞の扱いとなります。

take part in ~ の in は、前置詞です。副詞と考えることはできません。「私は take part in の in は副詞と考える!」なんて主張しても、誰も賛同してくれません。潔く take part in の in は前置詞だと暗記してください。

一般に、in や up などを含む英熟語を覚える場合には、その in や up が前置詞か副詞かを区別してください。副詞の場合には take in ~ と覚えるのではなくて take ~ in 「~を取り込む」と覚えておきましょう。

 

pick ~ up 「~を拾い上げる」のように他動詞+副詞からなる熟語で、「~」に代名詞が置かれる場合には注意が必要です。pick him up のような語順しか許されず、pick up him という語順は不可となります。他にも carry it out 「それを実行に移す」は、carry out it は不可。bring him up 「彼を育てる」は、bring up him とは普通言いません。英語では一般に新しい情報「新情報」を文末に置く傾向があり、代名詞という「旧情報」を文末に置きたくないという心理が働いているからです。

 

では、正解の発表です。

 

 

 

正解 : (A)

 

破線部には自動詞か、その類が入ります。よって(C)represented ~「~を代表した」、(B)played in ~ 「~の中で遊んだ」、(D)took part in ~ 「~に参加した」はすべて入りません。よって(A)participated 「参加した」となります。

なお、participated は、part- 「部分」+ -cipate 「(=take)~ をとる」から take part と同じ意味だとわかります。

【訳】オリンピックはあれほど多くの国が参加したので大成功だった。

 

オリンピックの話題の問題でした。

 

それでは。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102号

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夏期講習」(既卒生・高校3年生対象)

日  程       : 平成28年7月25日(月)~平成28年8月31日(水)

時間(既卒生)    : 17:00 ~ 19:00(毎週金曜日)

時間(高校3年生A) : 17:00 ~ 19:00(毎週金曜日)

時間(高校3年生B) : 17:00 ~ 19:00(毎週火曜日)

--------------------------------------------