すべては自分次第

おはようございます。

「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

昨日も多くの生徒の皆さんが朝早くから勉強に来てくれていましたね。

また、本日は体験授業を受けてくれる生徒の方が来られます。

毎日のように「茂塾」に来てくれている生徒の皆さんの姿を見て、「茂塾」の授業に参加していただければ、そこに大きな「気づき」があるはずです。

 

さて、「劣等感」という言葉は、現在では一般的に使われていますが、この言葉を最初に使ったのは精神科医で心理学者であったアルフレッド・アドラーです。

「劣等感」とは、「人よりも劣った点があることへのネガティブな感情」を意味します。例えば、「生まれ育った家庭が貧乏だった」「恵まれない環境にいる」といったことです。このような劣等感は、時として、その人の生きる意欲を奪い取ってしまいます。しかし、このような劣等感があるからといって、必ずしもその人の人生が不幸になるわけではありません。

その人が幸福で充実した人生を送れるかどうかは「自分自身の劣った点」に関わりなく、自分自身の意志と行動によって決まるのです。

仏教の創始者であるブッダは、

「人は、生まれ育った家が貧しいから、愚かな人間になるのではない。裕福な家柄に生まれたから、聖者になるのではない。

見た目がよくないから、愚かな人間なのではない。きれいな着物を身にまとっているから、聖者になれるのではない。

恵まれない環境にいるから、愚かな人間なのではない。高い地位にいるから、聖者なのではない。

その人が愚かな人間になるか、聖者になれるかは、その人自身の心がけと行為によって決まる」

と言っているのです。

 

裕福な家柄に生まれ、きれいな着物を着て、恵まれた環境にいたとしても、やる気がなくて怠けている人もたくさんいます。一方で、家が貧しく、見た目が悪く。恵まれない環境の中でも、イキイキと生きている人もいます。

 

すべては自分次第なのです。そのことを忘れずにいれば、もっと前向きに生きていけるはずです。

 

私たち「茂塾」は、できるだけ生徒の皆さんに時間と場所を提供し続けております。

そこで、やる気を継続させてやっていくのかは、自分次第です。

 

そのことを、頭の片隅にでも置いておいてくださいね。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夏期講習」(既卒生・高校3年生対象)

日  程       : 平成28年7月25日(月)~平成28年8月31日(水)

時間(既卒生)    : 17:00 ~ 19:00(毎週金曜日)

時間(高校3年生A) : 17:00 ~ 19:00(毎週金曜日)

時間(高校3年生B) : 17:00 ~ 19:00(毎週火曜日)

--------------------------------------------