自分の未来を考える視点

おはようございます。

「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

台風が近づいております。

平成28年9月17日現在の予報では、平成28年9月20日(火)に宮崎に接近する可能性があるとのことです。そのため、授業や自習に影響が出る可能性があります。

今後の台風の動きを見ながら、「茂塾」の皆さまには休塾等のお知らせをいたします。

 

「茂塾」では、英語の授業の他にも、オプション講座を開設しております。

オプション講座とは、日本史、世界史、古文のいずれかを選択していただきます。

授業日は、毎週土曜日の17:00~19:00となっております。

また、来たる試験に向けて、小論文が必要な生徒の人たちには添削や確認、アドバイスも行っております。

幅広く「茂塾」の生徒の皆さんにサポートをしていける環境を整えておりますので、皆さん何なりとお申し付けくださいませ。

 

さて、大学を選ぶ際に「自分の未来を考える視点」で考えてみてはどうでしょうか。

つまり、今高校3年生であれば大学を卒業する4年後、または30歳になる12年後に何をしていたいか、どんな人間になっていたいかを考えるということです。そうやって自分の未来を考えてみると、そこから逆算して「大学時代に必要なことは何か」をつかむことができます。

たとえば、身近な誰かが介護サービスを受けていたり、日本の高齢化社会の状況を考えたりした結果、介護ビジネスに魅力を感じたとします。その場合、介護福祉士として現場につく選択肢もありますし、事業会社として介護サービスを提供する会社の本社に就職するという選択肢もあります。すると介護福祉士の資格をとれる大学に行く以外にも、企業経営を考えて経営学部が強い大学を選ぶことも考えられます。

なりたい自分から逆算して大学時代の過ごし方を考えるのです。

 

「自分が今考えていることで将来を決めてしまうのは不安」と感じる人もいるでしょう。私も、18歳の時点で考えていることがずっと続くなどとは思っていませんし、それらは今後のさまざまな経験のなかで変化していくと思います。

しかし一方で、そんな状況でも決断を下すということが大事だと考えています。

高校を卒業してから先の人生は決断の連続といってもいいほどで、ときには決断に必要な情報も不足しているなかで、最後に、えいやっ!と決めなくてはいけない場面もあります。完璧な答えが見えなくても、その判断に自信が持てなくても、自分で決断することが必要なのです。大学選びもそんな決断のうちのひとつなのだということを知ってもらいたいと思います。そして、それは素晴らしい経験となり、次の大きな決断(就職や結婚など)の助けになってくれるでしょう。

 

マッチするコンセプトは人それぞれです。ある人にとってはぴったりに思えても、ある人にとってはそうではない、といいうことはよくあります。

友だちがどうこうではなく、自分との対話として、考えていただきたいと思います。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

高校2年生・高校1年生向け説明会開催

平成28年10月より、新塾生向けの説明会を開催いたします

隔週の日曜日に開催予定

詳細については、お問い合わせください

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●