FDに力を入れているかをチェック

おはようございます。

「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

昨日は、日曜日にも関わらず「茂塾」の自習室で勉強をしていた生徒の皆さん、お疲れさまでした。

9月も今週で終わりです。一日一日を大切にして、寝る前に「今日はやり切った!」と思えるような一日にしてくださいね。

 

さて、FD(教員の能力開発)は大学が日常的に行い続ける分野のひとつです。皆さんが受ける教育に直結する部分の施策ですので、数ある大学の取り組みの中でも特に注目するポイントとなります。

FDとは、教員が授業内容や授業方法を改善していく取り組みのことです。たとえば、学期末などに学生にアンケートを行い、教員の説明の仕方は適切だったか、わかりやすい講義が心がけられていたか、聞き取りやすい説明だったかなど授業に関するフィードバックを集めるほか、授業法改善に関する勉強会を開催したり、各教員の講義の様子を撮影したビデオをもとに議論を行ったりしています。こうしたFD活動は2008年に各大学に義務付けられたことで拡大しています。

授業法改善の取り組みなんて、受験生には関係ないと思われるかもしれませんが、実は学生はFDに関する直接の当事者です。FDが機能しているか否かで、学生が得られるものは大きく変わります。

一般に、大学教員は学問を理解し「勉強ができる」人なのだから、教えることもできるだろうという誤解があります。しかし実際は、自分がわかるからといって、人にもうまく教えることができるとは限りません。往々にして、出来る人(教員)は出来ない人(学生)がどこでどうやってつまずくのかを理解していないことが多いともいえます。「勉強についていけなくなったことが中退のきっかけ」という声が多くあがっていましたが、こうした教員では、そのような学生の気持ちを理解するのも難しいかもしれません。だからこそ、すべての教員がうまく教えられるようにするFDが重要な意味を持つのです。

FDがしっかりと行われているかどうかを外部から知るのは、実はなかなか難しいことです。自校のFD活動を積極的に外部に公開していない大学もあります。

精力的にFD活動を進めている大学は、基本的にWEB上で情報発信を行っています。その形態はさまざまですが、FDに関するマニュアルをWEB上で公開していたり、学生FD委員会を組織し、学生の意見を反映させている学校もあります。さらに先進的な学校は、学外にいるプロのトレーナーに研修や授業コンサルティングを依頼しています。

WEB上にそういった活動の情報があれば、FDに力を入れている大学だと思って良いと思います。志望校はどんなFD活動をしているかもチェック項目のひとつとして、頭に入れておきましょう。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

高校2年生・高校1年生向け説明会開催

平成28年10月より、新塾生向けの説明会を開催いたします

平成28年10月8日(日)、22日(日)

詳細については、お問い合わせください

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

センター試験の出願受付

平成28年9月27日(火)~平成28年10月7日(金)

センター試験日

平成29年1月14日(土)・平成29年1月15日(日)

追試験・再試験日

平成29年1月21日(土)・平成29年1月22日(日)

国公立大の出願受付

平成29年1月23日(月)~平成29年2月1日(水)

国公立大の前期日程試験

平成29年2月25日(土)以降

公立大の中期日程試験

平成29年3月8日(水)以降

国公立大の後期日程試験

平成29年3月12日(日)以降