やる気にならないからこそ、何か「やってみる」ことが大事になります

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

昨日の「茂塾」は非常に活気にあふれておりました。1・2年生の授業では全員が出席しており、自習室には既卒生、多くの3年生が来てくれていましたね。ある3年生の人たちは、勉強を教え合っておりました。教わるということは、前向きな姿勢の表れであり、教えるということは、理解しているからこそできることでありまた、自分の貴重な時間を割いているわけであります。

仲間を思いやる気持ちがあってこその行動であり、その姿に私は感動いたしました。

そして、ある生徒の方曰く、「茂塾」の生徒は学校が終わったら急いで塾に来るとのことです。本当なら塾に行くことというのは、足が遠のくはずなのに、「茂塾」の生徒の皆さんは、いの一番に来てくれるのです。

大変喜ばしいことです。「茂塾」の生徒の皆さん、本当にいつもありがとうございます。

 

さて、「やる気になったら、やる」という人がいます。

これは、「やる気にならなかったら、やらない」と言っているのと同じなのです。

「勉強をやる気になったら、勉強する」と言っている学生は、「やる気にならなかったら、勉強なんてしない」と言っているのです。

こんなことを言っている人は、往々にして、いつまで待っても勉強を始めることはできないでしょう。

結局は、「やる気にも、その気にもならなかったら、まだ何もしていない」と言いわけするのがオチなのです。「やる気になってから、やる」などと考えていては、やる気などやっては来ないのです。

やらなければならない勉強があるのなら、とにかく「やる」のです。

「やってみるから、やる気が出てくる」ということもよくあるのです。

勉強する気がなくても、机に座って教科書を開いてみると、不思議にやる気が出てくることがよくあるのです。

オランダの画家、レンブラントは、「まずは鉛筆を持って描いてみなさい」と述べています。

この言葉も、「やる気になるのを待つのではなく、まずやってみることを優先する。やってみれば、やる気がわいてくる」という意味を述べているのです。

絵を描きたいという気になるのを待っていたのでは、いつまでも絵を描かないまま終わるかもしれません。

絵筆を持って、何でもいいから絵を描いてみることで、「次は花の絵を描いてみたい。風景画も描いてみたい」と、やる気がどんどん出てくるのです。

 

「どうもやる気が起きない」という時は、とにかく行動してみることが大事なのです。行動がやる気を生み出すこともあるのです。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

高校2年生・高校1年生向け説明会開催

平成28年10月より、新塾生向けの説明会を開催いたします

平成28年10月8日(土)、23日(日)

詳細については、お問い合わせください

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

センター試験の出願受付

平成28年9月27日(火)~平成28年10月7日(金)

センター試験日

平成29年1月14日(土)・平成29年1月15日(日)

追試験・再試験日

平成29年1月21日(土)・平成29年1月22日(日)

国公立大の出願受付

平成29年1月23日(月)~平成29年2月1日(水)

国公立大の前期日程試験

平成29年2月25日(土)以降

公立大の中期日程試験

平成29年3月8日(水)以降

国公立大の後期日程試験

平成29年3月12日(日)以降