社会に出る前に知っておきたいこと

こんにちは。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

大学とは「夢」をかなえるために具体的な目標(志)を抱き、知識や教養を身に付け研鑽を積む場です。人生の軸である「夢」を見つけ、その夢を実現するために何をすればよいのか、どのような形で働いていきたいのかについて考えてみましょう。

大学・学部選びは、「夢」の実現の第一歩なのです。

大学は本当に「自由」な場所です。「研究したい」と思うことを研究し、「参加したい」と思うサークルに参加し、「働きたい」と思う場所でアルバイトをする。。。高校までと違い、学生自身の「自主性」に任されています。大学時代は「好きなことをやってもよい」時期なのです。

だからこそ、「何を学ぶか」という目的意識を持つことが大切になってきます。「夢」の実現に向けて着実に力を磨いてきた学生と、適当にただ楽しく遊んで過ごしてきたり、主体性もなくただ大学と自宅を往復する日々を過ごしてきた学生とでは、卒業するときには雲泥の差がついてしまうのです。

現代は変化の激しい社会です。社会に出るときには、大学でどのような力をつけてきたかが問われます。社会に出て何をやりたいのか明確な目標を持つことで、就職したあと、ずっと働き続けられるモチベーションを保つことができるのです。

厚生労働省の調査によると、2011年度の大学卒業者(2012年3月卒業者)のうち、就職後3年以内に約32%が会社を辞め、高校卒業者の場合は就職後3年いないに40%が会社を辞めているというデータが出ています。

近年、こういった数年あるいは数か月ごとといった短いサイクルで転職を繰り返す「ジョブホッパー」と呼ばれる人の数が増加しています。

ジョブホッパーの最大の問題点は、短期間のサイクルで転職を繰り返しているため、一か所でしっかりとしたスキルが身に付かないケースが多いことです。スキルが身に付かなければ、必要とされる場が限定されます。

就職できない人がいる一方で、就職できたのにもかかわらず、すぐに会社を辞めたり、ジョブホッパーになったりしてしまうのはなぜでしょうか。大きく二つのことが考えられます。

一つは、社会に出て働くことへの認識不足です。「夢」を具体化できず、どのように働くか十分にイメージできずにいると、理想と現実のギャップに苦しめられます。その結果、会社をすぐに辞めてしまったり、転職を繰り返してしまうのです。

もう一つは、「夢」をかなえるための力を身に付けていなかったことです。「夢」をかなえる力は、専門知識だけではありません。社会に出たときにだれにとっても必要となる普遍的な力を。大学時代に身に付けていなかったことに問題があるのです。

 

「茂塾」では、勉強を通じて社会に必要とされる人材になるためには、何が大切なのかということも徹底して指導しております。

「茂塾」の生徒の皆さんなら、きっと分かってもらえると私は信じております。

 

それでは。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

高校2年生・高校1年生向け説明会開催

平成28年10月より、新塾生向けの説明会を開催いたします

平成28年10月8日(土)、23日(日)

詳細については、お問い合わせください

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

センター試験日

平成29年1月14日(土)・平成29年1月15日(日)

追試験・再試験日

平成29年1月21日(土)・平成29年1月22日(日)

国公立大の出願受付

平成29年1月23日(月)~平成29年2月1日(水)

国公立大の前期日程試験

平成29年2月25日(土)以降

公立大の中期日程試験

平成29年3月8日(水)以降

国公立大の後期日程試験

平成29年3月12日(日)以降