雨にぬれて初めて傘の必要性を知る

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

昨日の高校2年生の授業は、皆さん足早に教室へ入っていく姿がとても印象的でした。

出席率も100%でしたね。

高校2年生におかれましては、えのもと 先生から「積極的に自習室を活用するように」と言われていると思います。

ある生徒の方は、自習に来れない場合は連絡をしてくれております。昨日、今一度その大切さと引き続き連絡をしてくれるようにお願いをしたところでした。

 

「報告・連絡・相談」は、生活をする上で重要なことの一つです。また、基本中の基本なのです。今からそういったことの重要性を感じていただければ幸いです。

 

11月からは、さらに自習室に足を運んでいただけるようにしたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

 

さて、「茂塾」には毎日、日曜日も含めて多くの生徒の皆さんが勉強に来てくれております。合宿所のようになっております笑

そんな「茂塾」の生徒の皆さんに、本日はこんな言葉を送りたいと思います。

 

「雨にぬれて初めて傘の必要性を知る。」

松下幸之助さんは、どんな成功者に対しても、「自分を反省しなさい」と繰り返し説かれました。生前は毎日毎晩、「自分は今日も素直だったか。感謝しているか」と、反省を繰り返しておられたといいます。

あれほどの成功者でも、日々の反省を欠かさなかったのです。日々、反省をされたから成功されたとも言えます。

自分をしっかりと省みれば、足りないところや過ちが分かります。うまくいったときは運がいいと思い、うまくいかないときは自分のどこが足りないかを考えなさいということですね。

「何事もやってみる。反省する。」

うまくいかないときはもちろん、うまくいったときも反省できるかどうかが大事です。反省した上で、自分の考え方や行動をより良いほうに変えて、日々実行していく。

何事も実際にやってもないと、分からないことはたくさんあります。

やるやると言って、やらないのが一番良くない。やってみて結果を自分でつかみ取らないことには、何かを「始めた」ことにもなりませんし、次のステージへ行くこともできません。そして反省です。

「雨にぬれて初めて傘の必要性を知る」というのは、何事もやってみる、そして反省するということの重要性を説いた言葉です。人は雨に濡れないと、傘の必要性が分からない。ずぶ濡れになることで、傘をさして雨を避けたほうがよかったと思う。そして、二度と濡れないように傘を準備し、雨が降ると自然に傘をさすようになるのです。

雨が降ると傘をさす。それが自然の営みとなる。

実際に体験を積み、環境の変化に対応して、私たちは生きていかねばならないということですね。

 

雨が降ったら傘をさす。そういうことを、自然に、当たり前にできればいいのです。反省によって、環境の変化に自然に対応できる人になりましょう。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

高校2年生・高校1年生向け説明会開催

新塾生向けの説明会を開催しております

《 開催日:毎週土曜日・日曜日 》

詳細については、お問い合わせください

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

センター試験日

平成29年1月14日(土)・平成29年1月15日(日)

追試験・再試験日

平成29年1月21日(土)・平成29年1月22日(日)

国公立大の出願受付

平成29年1月23日(月)~平成29年2月1日(水)

国公立大の前期日程試験

平成29年2月25日(土)以降

公立大の中期日程試験

平成29年3月8日(水)以降

国公立大の後期日程試験

平成29年3月12日(日)以降