記憶力がいい人と悪い人の違い

こんにちは。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

本日は日曜日であり、自習室を開放しております。

16時現在、8名の生徒の方が黙々と粛々と勉強に取り組んでいます。

各自自由に休憩を取るというスタイルに変えて、「茂塾」では話し声がなくなりました。

 

一分一秒を大事にして今日という日を過ごしていただければと思います。

 

さて、そんな「茂塾」の生徒の皆さんに本日は【記憶力】についてお話をしましょう。

勉強をする上で、記憶力は高いにこしたことはありませんが、「記憶力がいい人」と「記憶力が悪い人」では、いったい何が違うのでしょうか。その違いは、実は記憶のメカニズムによるもので、それを理解すれば、記憶力を高めることができます。

まず知っておきたいのは、記憶にはいろいろと種類があるということです。大別すると「短期記憶」と「長期記憶」の二つに分類されます。

短期記憶とは、例えば、「今日の朝食でトーストを食べた」といった一時的な記憶で、数時間から数日という単位で消えていきます。短期記憶はすぐに忘れ去られ、思い出としては残りません。

この短期記憶を処理するのが、脳の大脳辺緑系の一部、海馬体にある「海馬」と呼ばれる組織です。

海馬は脳の中でフィルターのような役割を担っています。情報がどんどん入ってくると脳が短期記憶でいっぱいになってしまうので、海馬は短期記憶の中から「捨てるべき記憶」か「残しておく記憶」かを振り分けます。脳に入ってきた情報が、長期記憶に振り分けられると、「側頭葉」にある記憶の貯蔵庫に入るのですが、その引き出しに入った情報が長期記憶です。長期記憶はいわゆる「思い出」と結びついた記憶で、「エピソード記憶」とも呼ばれます。

このメカニズムを知ると、記憶力がいい人と記憶力が悪い人の違いがわかります。つまり、記憶力の悪い人は、新たに入ってきた短期記憶の多くが、海馬で捨てるべき記憶として振り分けられているわけです。反対に記憶力のいい人は、短期記憶の多くが海馬で捨てられずに、記憶の貯蔵庫の引き出しに入って、長期記憶となっているのです。言い換えれば、海馬が捨てるべき記憶と残すべき記憶をどのように振り分けているのかを理解すれば、短期記憶を長期記憶引き出しにいれることができるようになるわけです。

では、海馬は、どういう情報を長期記憶として残すのでしょうか。そのポイントは大きく分けると「印象(インパクト)が強烈なもの」「重要であると認識したもの」「反復性」の3つです。

まず、「印象(インパクト)が強烈なもの」というのは、例えば結婚式でのハプニングや家族旅行での失敗のエピソードなどは、何年経っても覚えていますよね。こうした大切な人との特別な出来事などは、脳にとって印象が強い思い出なので、記憶に残るのです。「3日前のランチで何を食べたか」という短期記憶を即座に思い出すのは難しいですが、仮にそのとき定食屋で食べた焼き魚が、ありえないほど真っ黒焦げで提供されたり、店員の対応がひどくて憤慨したりという”事件”があれば、強いインパクトとともに記憶している可能性は高いでしょう。

一方で、年号や英単語、数式などの情報は脳にとってインパクトがないので長期記憶にはなりにくいのです。

2つ目の「重要であると認識したもの」が長期記憶に残るというのは、脳には重要だと判断した情報は強く記憶に残るという特徴があるからです。これは言い換えると、重要な情報と、さほど重要でない情報との「記憶のメリハリ(取捨選択)」があると効率よく記憶でいるといえます。

例えば、授業に主席せずに友だちのノートをただ丸暗記した学生と、授業で先生の話を聞いてノートをとった学生とでは、たいてい後者の方が試験の成績はいいです。その理由は、実際に先生の話を聞くことで、重要な部分と重要でない部分かを理解しているため、「記憶のメリハリ」をつけられているからです。自宅に複数の郵便物が届いたときに、DMや公共料金の郵便よりも結婚式の招待状や手書きのハガキをよく覚えているのは、脳が重要だと認識して、長期記憶に残るからです。

 

「茂塾」の授業では、重要なことは印象に残るように えのもと 先生が皆さんに伝えているはずです。上記のように長期記憶に残るように、皆さんも日頃から心がけてくださいね。

 

それでは。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

高校2年生・高校1年生向け説明会開催

新塾生向けの説明会を開催しております

《 開催日:毎週土曜日・日曜日 》

詳細については、お問い合わせください

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

センター試験日

平成29年1月14日(土)・平成29年1月15日(日)

追試験・再試験日

平成29年1月21日(土)・平成29年1月22日(日)

国公立大の出願受付

平成29年1月23日(月)~平成29年2月1日(水)

国公立大の前期日程試験

平成29年2月25日(土)以降

公立大の中期日程試験

平成29年3月8日(水)以降

国公立大の後期日程試験

平成29年3月12日(日)以降