声に出して覚えること

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

昨日も高校2年生の生徒の方が自習室にて勉強をしてくれておりました。

高校2年生の方たちには、自習予定表にて1週間の自習スケジュールを組んでおります。

中には、毎日来ている生徒の方もおられます。その方は、日曜日も来てくれていますね。

11月から毎日です。今、2週間以上続いております。

 

「茂塾」にて、自習に来ることは決して強制ではありません。しかし、当塾のデータでは自習に来ている生徒の方の方が、自習に来ていない生徒の方よりも成績が上がっております。

どういう学習環境が最適かは人によって違います。個人差が大きいので、勉強が捗らないときなどは違った環境で試してみて、自分に合った学習環境を見つけるといいでしょう。

 

「茂塾」には、勉強をする環境をどこよりも整えております。家で勉強ができない生徒の方たちは、「茂塾」で勉強をしましょう。

 

さて、「声に出す」学習方法というのは、効果があります。言語野や聴覚野をはじめ様々な部位が働き、印象が強くなるのです。

(声に出すポイント)

1.声に出すことで、言語野・聴覚野などの部位を働かせる

2.特に語学は、音読すると単語や文章が長期記憶に残りやすい

3.専門用語は「実況」で覚える

4.「実況」は見たまま、感じたままに言語化すると効果的

勉強をするうえで、長期記憶を定着させるためには、目で追うだけよりは、声に出して学習した方が効果的です。参考書を見ているだけだと脳の中にある「視覚野」が活動するのですが、声に出すと「言語野」や「聴覚野」など多くの部位が働くので、脳への印象が強くなります。

勉強部屋で学習しているときはもちろんですが、たとえば電車やバスの中など声を出して読みづらい場所であれば黙読でかまいませんので、頭の中で読み上げるといいでしょう。

「声に出す」学習方法は語学学習などに有効です。有名な例を挙げると、「トロイの木馬」を発見したことで知られるドイツの考古学者シュリーマンは短期間に外国語を習得し、15~18カ国語を話せたと伝えられています。そんなシュリーマンの外国語習得法が、「とにかく音読すること」でした。加えて、興味のある事柄について学習した言語で文章を書き、それを教師に添削してもらい、添削された文章を暗記して音読する、という学び方をしていたそうです。

シュリーマンの場合、この方法によって6カ月で英語を習得したといわれています。

もちろん真偽のほどは定かではありませんが、言語の学習のみならず長期記憶を定着させるという意味でも、シュリーマンの例は示唆に富んでいます。

「声に出す」ことで脳の中の運動野、聴覚野が働きます。語学にはアクセントやイントネーションが重要ですし、変化をつけた発声があるとより海馬に印象づけられるので、単語だけでなく文章でも長期記憶になりやすいと考えられています。

少し変わった覚え方としては、自分が覚えている状況を頭の中で「実況中継」するという記憶法もあります。この方法は専門用語を覚えるときなどに適した手法といわれています。

たとえば経済入門書を読んで「マネタリーベース」を理解したい場合、次のように頭の中で実況してみるのです。

「さて、自分はこれからマネタリーベースについて覚えようと思います。それにしても今日の通学は混んでいます。あ、いけない、しっかり覚えなければ。ちなみに上を見上げると青い空が流れています。行き交う車の中ではマスクをしたサラリーマンが咳をしています。さて、本気で覚えようと思います・・・」

こんな具合に、自分が記憶しようとしている状況を見たまま、感じたままに言語化すると、漠然と機械的に覚えるときよりも定着しやすくなります。もちろんこの方法は通学中だけでなく、家や「茂塾」の自習室での勉強にも役立ちます。

 

このように、声を出して学習すると、視覚野以外に聴覚野、運動野、言語野など多くの部位が活動するので、脳への印象が強くなるのです。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

高校2年生・高校1年生向け説明会開催

新塾生向けの説明会を開催しております

《 開催日:毎週土曜日・日曜日 》

詳細については、お問い合わせください

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

センター試験日

平成29年1月14日(土)・平成29年1月15日(日)

追試験・再試験日

平成29年1月21日(土)・平成29年1月22日(日)

国公立大の出願受付

平成29年1月23日(月)~平成29年2月1日(水)

国公立大の前期日程試験

平成29年2月25日(土)以降

公立大の中期日程試験

平成29年3月8日(水)以降

国公立大の後期日程試験

平成29年3月12日(日)以降