自分に合った記憶法

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

昨日も多くの生徒の皆さんに「茂塾」をご利用いただきまして誠にありがとうございました。

「茂塾」では、年末には【冬期集中特訓】が開催されます。

詳細については、またお知らせをいたします。多くの皆さんにご参加いただけるようお願い申し上げます。

 

さて、記憶法にはいろいろな方法がありますが、全てが万能ではありません。自分に合った記憶法を、ひたすら反復していくしかないのです。

【記憶法のポイント】

1.自分に合った記憶法を見つける

2.イメージ記憶が強い人はペグ法などができれば効果的

3.イメージ記憶が弱い人は言葉からアプローチ

4.どちらのタイプでも究極反復に尽きる

 

記憶力を高めるというのは、インパクトを与えたり、重要性のメリハリをつけたりしながら覚え、復習を繰り返しながら、短期記憶を長期記憶に変えていく行為です。

記憶力は筋肉のように「鍛える」ことでパワーアップし、重いものを持ち上げたり、早く走れるようになったりするような能力ではありません。

同じ方法覚えても、人によって効果はまちまちです。誰にでも効く万能な記憶術などはありません。あくまで「記憶の方法を覚える」「自分に合った記憶法を見つける」ことが重要なのです。

一流のアスリートのことを「天才ではなく、苦しい練習を地道に続けられる才能を持っている人」などと表現したりしますが、記憶においてもこの表現は当てはまります。

自分に合った記憶法を、試行錯誤を繰り返しながら見つけ出し、復習という単調な繰り返しを継続することが不可欠です。

ここでは、自分に合った記憶法を探すための手がかりを紹介しましょう。まず、自分の机を思い出してください。机は整理されていますか?それとも散らかっていますか?

机を思い浮かべたら、次に黒のボールペン(なければメモ帳など、なんでもかまいません)の位置を思い浮かべてください。

机が整理されている人はもちろん、すぐに置き場所がわかったかと思います。一方、机が散らかっている人は、すぐに置き場所を思い浮かべられた人とそうでない人が分かれたのではないでしょうか?すぐに場所が思い浮かべられた人は「イメージ記憶」の能力が高い人(特に机が散らかっているひとであればなおさら)です。こういう人は、情景などと記憶が絵画的に結びつけられるので、「ペグ法」など、何かと関連づけで記憶にインパクトを与える方法と親和性が高いようです。

反対に物の場所が把握できていないひとは、「言葉」から記憶を高める方法でアプローチするとよでしょう。何かを覚える際に「実況する」など、話す、聞く、書くといった方法で視覚野以外の運動野、聴覚野などを働かせ、海馬に対する印象を強めると、記憶の定着率も高まるでしょう。

もちろんどちらのタイプであっても、結論を言えば、反復が効果的なのは言うまでもありません。物事を一度ですべて記憶できれば理想的ですが、実際にはそうはいきません。だから、何度も繰り返して書いたり、声に出して読んだりしながら、単純作業をひたすら繰り返して覚える。時間はかかりますが、それが短期記憶を長期記憶に変える、つまりは記憶力を高める唯一の方法なのです。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

高校2年生・高校1年生向け説明会開催

新塾生向けの説明会を開催しております

《 開催日:毎週土曜日・日曜日 》

詳細については、お問い合わせください

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

センター試験日

平成29年1月14日(土)・平成29年1月15日(日)

追試験・再試験日

平成29年1月21日(土)・平成29年1月22日(日)

国公立大の出願受付

平成29年1月23日(月)~平成29年2月1日(水)

国公立大の前期日程試験

平成29年2月25日(土)以降

公立大の中期日程試験

平成29年3月8日(水)以降

国公立大の後期日程試験

平成29年3月12日(日)以降