2次試験は英語で差がつくのです

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

昨日は日曜日でしたが、多くの生徒の皆さんが自習に来てくれておりました。

日曜日に自習室を開放しておりますが、「茂塾」は図書館ではありません。

塾のルールというのが存在します。そのルールに則り生徒の皆さんには、自習室を利用していただいております。

そのルールには、当たり前のことだけしか記載されておりません。集団で集中した、勉強するのに適した環境を皆でつくっていただければと思います。

 

さて、英語は2次試験の大半の大学で課されます。英語での高得点者の合格率というのは高いのが現状です。文理ともに、英語は合否を決めるキー科目といえるでしょう。

大学による難易差はありますが、最低でも文系で60%以上、理系でも50%以上は得点が必要なのです。

前期日程まで約1か月です。これからの学力アップを実現するには、志望校の出題傾向を頭に叩き込むとともに、「実践」の場を活用することも重要です。

センター試験や私立大入試を受けた後は、模試と同じように、失敗や違和感のあったところを必ず復習する(センター試験は2次との共通科目のみ)。原因突き止め、弱点を補強した上で、これまで受けた模試の解説や講評を読むと、実感を伴って理解できるようになるでしょう。さらに、志望校で頻出する範囲や項目を、集中的に学習して蓄えた知識が、私立大入試という「実践」を通して整理され、定着します。

 

センター試験が好成績だった人は逆転されないために、予定より得点できなかった人は逆転を狙って、最後まで集中力を保っていきましょう。

 

「茂塾」ではセンター試験終了後に、個別面談を実施し、これからの進路を密に話しております。さらに、授業でも語彙力を高めるための授業を徹底的に行ってきました。基礎を定着させたことで、英語の得点が過去最高点になったという生徒の方がおります。

 

「必ずこの大学に入る!」という強い意志を持ち、最後の最後まで諦めずに粘り抜きましょう。そして、センター試験の失敗を引きずらずに、2次対策、私立大対策に集中する切り替えを早くしましょう。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

高校2年生・高校1年生向け説明会開催

新塾生向けの説明会を開催しております

《 開催日:1/28(土)・2/2(木) 》

詳細については、お問い合わせください

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

国公立大の出願受付

平成29年1月23日(月)~2月1日(水)

国公立大の前期日程試験

平成29年2月25日(土)以降

公立大の中期日程試験

平成29年3月8日(水)以降

国公立大の後期日程試験

平成29年3月12日(日)以降