浪人覚悟の勉強取り組みは厳禁です

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

先週は、多くのお問い合わせや面談により足をお運びいただきまして、誠にありがとうございます。

2月1日より、新授業が開始されます。

そして、現1年生は新2年生へ、現2年生は新3年生への授業に移ります。

 

新3年生にとって受験準備は時間的に待ったなしです。特に出題が5教科7科目もある国公立や難易度の高い私学理数系を希望する受験生については、先日ブログにて記載した通りです。

早合点だけでなく、決まって「今から始めても時間が足りないなら、浪人を前提に2年計画で勉強していこう」という声が聞かれます。例年、そのような考えをする人が少なからずいます。その傾向は、公立校の生徒に多く見受けられますが、はっきり言って、浪人覚悟の受験勉強はいい結果を生みません。

3年生1年間は基礎をがっちり固め、浪人生活では入試傾向に即したより実践的な勉強に取り組んで万全を期そう。一見合理的な受験計画に見えますが、実効があるのは、意志がよほど強いか、目標意識がしっかりしている生徒の方に限った話です。

大方は、浪人覚悟の受験計画を立てると、現役の1年間は、「受験勉強をしなければ」との意識はありますが、無為に過ごす結果になるでしょう。現実に浪人生活を迎えて、「1年では、とても5教科7科目はこなせない。東大、京大はもう無理だ。私立に変えよう」と目標を転換するケースがほとんどなのです。

トップレベルといわれる東大や京大は、1年間の受験勉強だけで突破するのが難しいことは事実です。受験校の場合、1年生の段階から東大や京大を目標にした受験勉強に取り組み、それでも現役合格は難しいのです。

野球に例えると、ランニングなど基礎をしっかりこなした投手が投球練習を積み、速い投球ができ、しかもスタミナも切れずに、コントロールも乱れない。それと同じように受験も、高校1年、高校2年生の間は授業(基礎)をしっかり身に付け、3年生になったら、本格的に実践に即した勉強をしなければなりません。

基礎学力がしっかりついていれば、秋以降にはグングン頭角を現し、難関校に現役合格する場合が多いのです。「現役で合格を」と、懸命に勉強することにより、入試日までのギリギリの緊張感で努力と頭脳と才能を開く気力がみなぎり、直前期には、自分の想像を超える学力の飛躍となって表れるでしょう。

ですから高校3年生が当初から、浪人を前提にした受験勉強に取り組むことは厳禁なのです。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

高校2年生・高校1年生向け説明会開催

新塾生向けの説明会を開催しております

《 開催日:1/28(土)・2/2(木) 》

詳細については、お問い合わせください

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

国公立大の出願受付

平成29年1月23日(月)~2月1日(水)

国公立大の前期日程試験

平成29年2月25日(土)以降

公立大の中期日程試験

平成29年3月8日(水)以降

国公立大の後期日程試験

平成29年3月12日(日)以降