英語の学習は継続が大切です

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

昨日の「茂塾」はオリエンテーションを行いました。

本日、2月より新授業がスタートいたします。

現高校1年生は、新高校2年生へ。現高校2年生は、新高校3年生(新受験生)へ変更となります。

授業日が変更になり、新高校3年生においては文系と理系に分かれます。細かい指導方法等、説明があったと思います。

特に新高校3年生は、これから「読解力」を身に付けていってもらいます。

「読解力」とは、「自力で初見の長文を理解する力」なのです。

 

本日からの授業で、しっかりと身に付けていってください。

 

さて、英語の学習の基本的な考え方というのがあります。

英語力をつけるには、下記の3つのステップを繰り返していくことが大切です。

1.インプットすること

2.アウトプットすること

3.このサイクルを繰り返し継続すること

インプットは、単語や熟語や言い回し、文法などさまざまな英語の知識を吸収することです。英語の音声や発音がどうであるかを知ることも含まれます。

要は「知る」学習です。読むこと(リーディング)や聴くこと(リスニング)といった外からのメッセージを受け取る「受信型」のスキルの勉強は、基本的にインプットになります。

アウトプットは、インプットした英語の知識を使って、実際に英語で人と話してみたり、英文を書いてみたりすることです。

要は「使う」学習です。話すこと(スピーキング)、書くこと(ライティング)といった自らメッセージを送る「発信型」のスキルの勉強がアウトプットなのです。

インプットしたら、アウトプットする、そこから得た学びをまたインプットして、その情報をまたアウトプット。。。と、このサイクルを繰り返し、継続的に回していくのです。

英語学習はまずインプットから始まります。文法や語彙、要は単語、表現、そしてその音声を知らなければ、英語は読むことも聴くことも、話すことも書くこともできません。

インプットしたら、次のステップがアウトプットです。

ひとつの単語、熟語、ひとつの表現をインプットしたら、その後に例文などを言ってみるなどのアウトプットを練習するというように、インプット、アウトプットを交互にバランスよく勉強するのがポイントです。

ただ、インプットもアウトプットも、1回限りの練習ではまだ使える英語にはなりません。それを繰り返し、継続していくことが大事なのです。

一度暗記しただけではすぐに忘れ、表現がイメージとして定着しないでしょう。英語学習を継続することで、言葉をイメージとして捉えていけるようになるのです。

このように地道な勉強法ですが、これが一番効果的なのです。

 

「茂塾」では毎回、復習テストが行われます。本日から合格ラインを設定いたしました。

これが非常に大事なのです。

地道な勉強法ですが、最も効率的かつ大切な勉強法ですので、必ず合格点以上を獲るように。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

高校2年生・高校1年生向け説明会開催

新塾生向けの説明会を開催しております

《 開催日:1/28(土)・2/2(木) 》

詳細については、お問い合わせください

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

国公立大の出願受付

平成29年1月23日(月)~2月1日(水)

国公立大の前期日程試験

平成29年2月25日(土)以降

公立大の中期日程試験

平成29年3月8日(水)以降

国公立大の後期日程試験

平成29年3月12日(日)以降