定期試験との両立

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

昨日は入塾説明会、ご面談、多数のお問い合わせをいただきまして誠にありがとうございました。

ご多用のところ、足を運んでいただきまして心から感謝申し上げます。

ご好評につき、入塾説明会を下記の日程にて追加で執り行います。是非ともご参加くださいませ。

【入塾説明会日程】

① 平成29年 2月10日(金)

② 平成29年 2月24日(金)

 

さて、大学入試センター試験は2月2日、1月に実施したセンター試験の平均点最終集計を発表しました。日本史A37.47点、化学51.94点などが過去最低となったようです。

英語(200点満点)は11.30点増の123.73点で、英語のリスニング(50点満点)は2.70減の28.11点でした。

追試験、再試験を含む総受験者数は昨年より1万1064人多い54万7892人で、志願者のうち実際に受験した人の割合を示す受験率は95.13%でした。

これから2次試験に向けての追い込みが激しくなります。「茂塾」でも倍率を確認して個別指導を行っております。そして、掲示板にはカウントダウンをして常に緊張感を保っていられるようにしております。インフルエンザが猛威をふるっておりますので、体調管理だけは十分に注意しましょう。

 

新受験生となった現高校2年生においては、受験勉強のペースは狂わせたくない、さりとて学校の定期試験の準備もおろそかにできない。。。と感じながらこれから勉強をしていくことになります。

言うまでもなく、受験生にとっての最終ゴールは入試の突破であり、学校の定期試験で良い成績をとることではありません。仮に、定期試験が最高得点でも受験に失敗しては元も子もなくなってしまいます。とはいえ、学校の試験を無視してもいいという道理はなく、むしろ、定期試験はおそろかにできません。この成績結果が推薦試験の合否判定の基準になるのですからね。

では、受験勉強と定期試験の勉強を両立できる方策、はといえば一にも二にも学校の試験準備を早めに始めること。これ以外にはありません。定期試験の3週間ぐらい前から始めるといいでしょう。一夜漬けでごまかす、何も勉強しないで試験に挑む「開き直り組」は絶対にダメです。

模試の成績の良い生徒は学校の試験準備もおろそかにしていないのです。逆に言えば、学校の試験をおろそかにしていないから模試の成績も良い、ということになるのです。

実は、学校の定期試験と入試とは密接に関連しているのです。入試で出題される問題の80%は学校の授業の範囲内で、残りの20%が教科書外からの問題で、10門中1問か2問にすぎないのです。

定期試験に備えた勉強こそ即、入試突破力の基礎になるわけですから、できれば3週間前から、遅くとも2週間前には、真剣に試験準備を開始しておいてください。何よりも、早ければ早いほど、結果的にも、受験勉強のペースも狂わさずに済みます。

 

「茂塾」では、こうした定期試験期間中も構わずに授業を進めていきます。定期試験期間中であっても、授業には必ず参加してください。どうしても定期試験の勉強をしなければならない等の理由がある場合も、「茂塾」には来るようにしてください。そこで、先生と相談しながら対応できることもありますので。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

新高校3年生・高校1・2年生向け説明会開催

新塾生向けの説明会を開催しております

《 開催日:2/10(金)・2/24(金) 》

詳細については、お問い合わせください

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

国公立大の前期日程試験

平成29年2月25日(土)以降

公立大の中期日程試験

平成29年3月8日(水)以降

国公立大の後期日程試験

平成29年3月12日(日)以降