自分の考えを整理しよう

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

昨日は、2次試験を控えた生徒の方の保護者の方が自転車を車に積み込み「0時頃迎えに来て」と言い、その生徒の方が教室に入っているのを見かけました。

保護者の方も、あともう少しです!と。

毎日のように送り迎えをしていただいている保護者の方も含めて、家族全員で受験勉強を乗り越えようとしております。

残すところあと僅かですが、気を緩めることなく最後まで突っ走っていきましょう!

 

福岡では、2次試験のある前日頃からホテルの予約が取れない状況にあるとのことです。ホテルの稼働率は、84.4%だというのです。コンサートや薬剤師試験と重なり、また仕事での出張や観光客の方が増加しているためだそうです。

ホテルの予約の取れない受験生のために、HPを立ち上げて宿泊場所を募り、呼び掛けている「草の根運動」も広がっていると聞きます。また、「宿泊ホットライン」なるものもあり、すでに何百件以上の問い合わせがあっているようです。

受験というのは、毎年のことであります。また、生徒の方も神経質になっている時期でもあります。受験生全員が安心して受験できるように包括的に整備していただきたいものです。

 

さて、何人くらいの受験生が日記をつけているのでしょうか。想像するに、3割にも満たないかもしれません。日記を書かない理由は、時間がない、書き方が分からない、などいろいろでしょうが、大学進学を目指すなら、日記をつけることをお勧めいたします。

日記をつけることを難しくとらえる必要はありません。天気、出来事、その日の勉強内容、友達との会話、読んだ本や見た映画の感想など、メモ程度でも十分です。まずは書き続けること。それが大事です。

日記をつける効用ですが、最大は、自分の考えや行動を整理できることだと思います。文章を書くことは、物事を客観的に考えることになりますから、必然的に自分の考えが整理されるようになります。日記は、その意味で、自分の考えを整理したり、思考を楽しむ最高のツールといえるでしょう。当然、書き続けることが文章力の上達につながり、ひいては論述式問題や小論文の受験対策となります。

加えて、日記をつけ、生活や行動を顧みることが、時間を大事にし、メリハリある生活を心掛けねばという意識を芽生えさせます。その不随効果は長丁場の受験生活に生じがちなダレを防ぐ役割も果たします。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

新高校3年生・高校1・2年生向け説明会開催

新塾生向けの説明会を開催しております

《 開催日:2/10(金)・2/24(金) 》

詳細については、お問い合わせください

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

国公立大の前期日程試験

平成29年2月25日(土)以降

公立大の中期日程試験

平成29年3月8日(水)以降

国公立大の後期日程試験

平成29年3月12日(日)以降