小論文対策について

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

昨日も合格速報が出ました!

合格した生徒の皆さんは、共通して「茂塾」の先生を信頼してくれていたこと。そして、自分に負けずにブレない芯をもっておりました。

凡事徹底を実行して、誰よりも早くに塾に来て誰よりも遅くに帰宅する。

これを継続する力は並大抵のことではありません。時間が足りないのであれば、自ら時間を作り出す。

「努力を継続する力」が備わったのではないでしょうか。

彼らが社会に出るとき、恐らく感じるでしょう。社会はもっともっと厳しいと。しかし、この受験を乗り越えられた人にしか到達できない喜びを感じて、味わえない苦しみを克服したのです。

きっと、社会が認めてくれる人材になると思います。

 

そして、二次試験を控えた生徒の方は、毎日夜遅くまで「茂塾」にて勉強に取り組んでおります。気の抜けない日々が続きますが、最後までやり抜きましょう!

 

さて、「茂塾」でも小論文の対策として添削やアドバイス等を行っておりますが、入試には小論文を課す大学が増えつつあります。これからの受験対策には小論文が不可欠な課題となってきました。

小論文が受験対策にとって悩ましいのは、第一に方程式が存在しないこと。それだけに出題傾向もつかめず、数学や国語みたいに、確率された受験勉強法がない点でしょう。受験生の中には、どんなテーマの小論文が課せられるか、想定できなければ対策を立てようもない、と開き直って、「ぶっつけ本番だ」という人がおります。

しかし、受験に無手勝流のぶっつけ本番は通用しませんし、その考えは間違いです。受験は、教科を問わず、日ごろの準備(傾向と対策)は欠かせません。小論文の勉強法では、最初に課題を決め、そのテーマに沿った論理の展開、文章表現力を磨く練習の積み重ねが効果的です。

テーマとする課題は、「学生生活のこと」「人生のこと」「未来の夢」「社会のこと」など。一つに絞らず、四テーマほどをピックアップし、あらゆる角度から、身近な問題について、自分の考えの論理構築を試みる。基本は、テーマに即して明確な論理展開と文章構成ができるようになるまで推敲を重ねることです。

論文の構成方法は、双括法(新聞記事のように、最初と最後に二つ結論がある文)でも尾括法でも、自分の得意とするやり方で構いません。要は自分に適した小論文のひな形がつくれれば、どんな課題が出題されても柔軟に対応できるようになります。

小論文といっても特別構える必要性はありません。明快な論理展開と文章構成力を身に付ければ、他の入試教科と同じなのです。得点ポイントである結論の導き出し方、その理論づけに、小論文は勝負の分かれ目があるといわれています。

重要なのは結論の落としどころです。課題とかけ離れた人生観が結論づけだったとしても、論理的な個人の意見であれば、得点につながるのが、小論文試験の特色です。その際、力を発揮するのが、受験勉強で培った「引き出し」。人生問題、学生生活の問題、社会問題、未来観。。。取り組んだテーマの数が多い人ほど、的確な結論導入ができるのです。

小論文の受験勉強を通じ、効果的に自分の考えをアピールできる文章表現力を磨きましょう。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

新高校3年生・高校1・2年生向け説明会開催

新塾生向けの説明会を開催しております

《 開催日:2/10(金)・2/24(金) 》

詳細については、お問い合わせください

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

国公立大の前期日程試験

平成29年2月25日(土)以降

公立大の中期日程試験

平成29年3月8日(水)以降

国公立大の後期日程試験

平成29年3月12日(日)以降