受験勉強は自己形成の基盤づくり

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

「茂塾」には、現在中学生が2人おります。

高校入試を控えた中学3年生と中学2年生です。

中学3年生の生徒は、毎日夜遅くまで残って勉強に取り組んでおります。大学受験の勉強をしている高校生に引けを取らない勉強時間です。時には、えのもと 先生が夜遅くまで勉強をしているので家まで送り届けているくらいです。

お兄さんの影響が強いのでしょう。志望高校で行ってやりたいことがあるようです。そのために、勉強をしているのです。勉強に取り組む姿勢もお兄さん譲りですね。

また、中学2年生の生徒は、部活動に忙しそうですが2月と3月は授業日を変更をして塾に来ております。先日、保護者の方との面談にて「ビシバシとやってください」とのことでしたので、これからは、休むことなく来ていただきたいと思います。スケジュール通りにどんどん今のうちから中学3年生の勉強を終わらせていきますからね。

 

受験勉強をしていて、「どうしてこんな苦しい思いをしなくてはいけないのか」と思うこともあるかと思います。

受験勉強というのは自己形成の基盤づくりだと私は思っております。

蛍雪灯火。時代にかかわらず、受験生が深夜まで入試試験に励む姿は変わりません。識者や評論家の中には、受験競争に批判の目を向ける人もいます。訳知りに「受験競争が受験生から人間らしさを奪い、将来にも悪影響を及ぼしている」といいますが、本当にそうなのでしょうか。

逆に受験は、生徒は無論のこと家族にとっても大きなプラス要因として作用しているのが実態だといえます。

受験競争が激烈であるのは事実ですが、それは有名校や、優れた伝統、教育や施設が整っている難関校での話です。中堅校や短大の中には、少子化で定員割れの学校もあり、数年後は、全員合格の時代になるという話があるぐらいなのです。

自由社会では、優れた質を求めれば、激しい競争が演じられるのが実態です。努力と研究によって獲得してこそ、獲得する価値があるのです。

受験もその例外ではあり得ません。

受験生にすれば、勉強に明け暮れる日々は楽なものではありません。しかし、この時期に頑張れば頑張るだけ、知能は発達し、大きな実りになるものです。

それは単に志望校への合格を意味しているのではありません。そのプロセスが大切なのです。ちょっと抽象的かもしれませんが、人間の一生は勉強の連続です。受験勉強は、そうした将来の自己形成の基盤づくりです。自らに課したノルマを達成し志望校への合格を果たすことで、何物にも代えがたい達成感が得られるのです。

 

「茂塾」ではまだ受験を控えた生徒がおります。

「今、ここに」集中して、この上ない達成感を味わってほしいと思います。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

新高校3年生・高校1・2年生向け説明会開催

新塾生向けの説明会を開催しております

《 開催日:2/10(金)・2/24(金) 》

詳細については、お問い合わせください

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

国公立大の前期日程試験

平成29年2月25日(土)以降

公立大の中期日程試験

平成29年3月8日(水)以降

国公立大の後期日程試験

平成29年3月12日(日)以降