パチンコ奨学金

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

昨日は日曜日でしたが、「茂塾」は OPEN しておりました。

受験を控えた生徒の方、意識の高い生徒の方が「茂塾」に来ておりましたね。

国公立大2次試験の前期日程が25日に始まりました。県内は宮崎大、宮崎公立大、県立看護大で試験が行われ、3大学計2099人が受験した模様です。このうち宮崎大は募集人員594人に対し、1653人が受験しました(受験倍率は2.8倍)。宮崎公立大は募集90人に対し265人(受験倍率は2.9倍)。県立看護大は55人の募集に対し181人が受験しました(受験倍率は3.3倍)。

全国では163大学558学部が実施しました。一部では大学入試センター試験の成績で合否を決めるため、この日試験を実施したのは159大学541学部で、22万7524人が受験したとのことです。

前期日程の志願者は25万8922人で、募集人員に対する志願倍率は、昨年と同じ3.2倍となりました。

受験されました「茂塾」の生徒の方、本当にお疲れさまでした。

 

さて、余ったパチンコ玉で学生を支える。景品に交換されずに放棄されるパチンコ玉を元にした学生向け奨学金「pp奨学金」が誕生するようです。名称はパチンコ、パチスロの頭文字から。全国1000店に募「玉」箱を置き、将来は学生1人当たり毎月5万~10万円を給付するのが目標だそうです。

パチンコ玉やコインを遊技台で増やし、景品と交換するパチンコ、パチスロ。高額景品と交換後に余った玉は「端玉(はだま)」と呼ばれ、放棄する客も多いとのこと。パチンコ業界の関係者によると、仮に貸し玉4円、貸しメダル1枚20円で換算すると、年間の端玉が5千~6千円になる店もあるようです。

そこで、店が端玉に相当する額をいったん収益に計上し、営業利益から奨学金に寄付します。一部店舗では奨学金に寄付する権利の景品化も検討中とのこと。

奨学金運営費は業界団体で負担し、端玉相当額の全額を給付に回します。

国内の学校に通う18歳以上が対象で募集は9月からです。

警察庁の統計では2015年時点の店舗数は全国1万1千店余りあります。チェーン5社の社長らが設立した奨学金の運営委員会が同業他社にも参加を呼び掛けているようです。

既に端玉の募集は始まっており、東京杉並区にあるパチンコ店「ミリオン高円寺22号店」では昨年12月、景品交換カウンターに箱を設置しました。玉だけでなく、奨学金の趣旨に賛同して現金を入れる客もいるとのことです。

 

問い合わせは pp奨学金運営事務局 TEL 03-5825-4200 です。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

新高校3年生・高校1・2年生向け説明会開催

新塾生向けの説明会を開催しております

《 開催日:3/19(日)・3/26(日) 》

詳細については、お問い合わせください

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

国公立大の前期日程試験

平成29年2月25日(土)以降

公立大の中期日程試験

平成29年3月8日(水)以降

国公立大の後期日程試験

平成29年3月12日(日)以降