勉強の鉄則

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

昨日は、中学生の生徒の成績が伸びたという嬉しい報告がありました。彼は今、中学2年生ながら予習を進めて えのもと 先生の計画通りに中学3年生の内容を勉強しております。暗記科目にやや苦手意識があるものの、着実に成績を伸ばしていっております。部活動との両立で心身ともに疲れているとは思いますが、授業日を変えて昨日も授業に来てくれておりましたね。まずは休まずに塾に来て、勉強する習慣を身に付けていきましょう。

そして、高校1年生の野球部の生徒も居残りでやり直しを解いておりました。彼は「古文」のオプション講座を受講して週に3回塾に通っております。主体的に勉強に取り組む姿勢、前向きな態度、気持ちの良い挨拶、これからも継続していってほしいと思います。

彼らに共通して言えるのは、素直なところでしょう。先生からの言葉を素直に受け入れることのできる生徒ですね。そういう生徒は、必ず結果がついてきます。伸びる生徒の要因の一つです。

 

さて、受験勉強は試験本番だけを見ると「他人との勝負」です。点数が高い人が合格し、低い人が不合格となります。しかし実態は「時間との勝負」なのです。つまり、高校1年生であれば3年間という限られた時間の中で、どのレベルの問題集まで習得することができるのか、1回の授業にどれだけ集中して授業を受けるのか、1冊の問題集を何周繰り返すことができるかという闘いなのです。よって、常に時間を意識して勉強する必要があります。頭を働かせていない時間を出来るだけなくし、机に向かって問題と格闘する。そうやって成績を伸ばしていくのです。オリンピックだって同じですよね。大会当日だけを見ると「他人との闘い」のように見えますが、実態は4年間でどれだけ記録を伸ばせるかという「時間との闘い」です。結果は準備の段階で9割以上決まっています。出来るだけ長く準備をし、万全の態勢で受験に臨むためには、高校1年生から勉強を始めること、無駄な時間を出来るだけ減らすことが大切です。何かを得るためには、何かを我慢せざるを得ないのが現実なのです。

そして、「茂塾」の授業では習ったそばから手元の参考書で問題を確認して解き、分からない問題は授業後に先生に質問するなど頭を働かせている時間を長くしましょう。

能動的に学んでいくことが成績の向上につながるのです。

 

見事合格した諸先輩方たちは、皆そのようにしてきましたよ。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

新高校3年生・高校1・2年生向け説明会開催

新塾生向けの説明会を開催しております

《 開催日:3/19(日)・3/26(日) 》

詳細については、お問い合わせください

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

国公立大の前期日程試験

平成29年2月25日(土)以降

公立大の中期日程試験

平成29年3月8日(水)以降

国公立大の後期日程試験

平成29年3月12日(日)以降