自分の考え方ひとつ

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

本日は県立高校の入試となっております。

「茂塾」から、1名受験いたします。

毎日毎日、日曜日も含めて「茂塾」で遅くまで勉強していましたね。高校生に匹敵するくらいの勉強量でした。むしろ、大学受験を控えている生徒のように勉強に取り組んでいましたね。

夜遅くなるときは、えのもと 先生が家まで送り届けたり、時にはお兄さんと一緒に帰宅したりと皆の協力のもと一生懸命に勉強している姿が印象的でした。

臆することなく、堂々と受験に臨んでください。自分のやってきた軌跡を信じて、自信を持って挑んでください。えのもと 先生も応援にいくとのことです!心強いですね!

私も昨日、宮崎神宮に行って祈ってきました。応援しています!

 

No experience is in itself a cause of success or failure . We do not suffer from the shock of experiences - the so - called trauma - but instead make out of them whatever suits our purposes .

We are not determined by our experiences but are self determined by the meaning we give to them .

 

いかなる経験も、それ自体では成功の要因でも失敗の原因でもない。

我々は過去の経験による衝撃、いわゆるトラウマ(心的外傷)に苦しめられるのではなく、過去の経験の中から、自分の人生の目的に合ったものを選択するのである。

我々の人生は、自分が過去に経験したことによって決定されるのではなく、我々自身が過去の経験に対してどのような意味づけを与えるかによって、自ら決定するものなのである。

 

過去のマイナスの経験が、トラウマ(心的外傷)になるか、後の人生において成功するための礎石となるかは、その経験の受け止め方によって異なります。

過去のトラウマを受けて社会に適応できなくなり、大人になっても暗い過去を引きずっているという話を耳にすることがあります。

しかし一方で、同じようなマイナスの経験をしても、それをプラスの経験として受け止めて、後の人生の飛躍の礎石とする人もいます。

「いかなる経験も、それ自体では成功の原因でも失敗の原因でもない」

どのような経験をしたかというよりも、その経験や環境をどのように自分なりに受け止めたか、認知したかということが大切なのです。

同じ逆境を経験しても、前向きに生きている人や、レジリエンス(resilience)の強い人は、マイナスの経験や逆境を、プラスの経験として受け止めることができるのです。

レジリエンスとは、精神的な視点から見ると、「逆境を跳ね返す力」「逆境や強いストレスにあっても、折れずに、復元する力」を意味します。

体力や蘇生力、抵抗力、復元力によって、短時間で元気で健康な身体を取り戻し、以前にもまして強健な身体を創り上げるようなものです。

現代社会において私たちは、複雑な人間関係、社会情勢のなかで生活しているので、様々な逆境やストレスに直面しています。しかし、それらを逆手にとって、プラスの経験として受け止め、成長の糧としてしまうような、前向きな生き方、考え方をする習慣をつけることが大切です。この姿勢を支えるのが、レジリエンスです。

 

本日受験を控えた彼女は、自ら厳しい道を選択しました。しかし、それはいずれ絶対にプラスの経験となるのです。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

新高校3年生・高校1・2年生向け説明会開催

新塾生向けの説明会を開催しております

《 開催日:3/19(日)・3/26(日) 》

詳細については、お問い合わせください

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

公立大の中期日程試験

平成29年3月8日(水)以降

国公立大の後期日程試験

平成29年3月12日(日)以降