習慣は第二の天性

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

「茂塾」では先日、高校2年生ながら 英検2級 の合格者が出ました!

彼女はいつも主体的に授業や自習に取り組んでおります。さらに上を目指すということですので、「茂塾」で新しく取り入れる講座の体験をしていただく予定です。

漢字を分解するように英単語も分解してみると、その成り立ち=「語源」が見えてきます。例えば、wheat「小麦」は、white「白」と音が似ていますよね。実はこの2つは親戚関係で、「小麦粉」=「白」なわけです。語源ではないですが、retrieve「~を回収する」も、「ゴールデン・レトリバー(Golden Retriever)」を知っていれば、難しくないですよね。

snoop「こそこそ詮索する」は、Snoopy を知っていれば簡単ですね。こうした「ちょっとした手がかり」があれば随分と覚えやすくなるのです。

では、resilient はどのような意味の単語でしょうか?

re-「再び」+ -sil-「跳ぶ」+ -ient「形容詞語尾」

ここから、「再び跳ぶような」⇒「回復力のある」となります。

re- は、repeat「繰り返す」、respond「反応する」にも登場します。-sil- は、-sal- や -sul- も同様の意味です。salmon「鮭(川を跳びながら泳いでいく魚)」、result 「結果(再び跳んで戻る)」、insult「侮辱(心の中に跳びかかってくるもの)」などが同系語になります。

このように、少し手がかかりがあれば単語というのは、覚えやすくなりますよ。

 

さて、受験において英語の基礎を固めることをまず最優先事項として考えていくことをお勧めいたします。なぜなら、一番時間と労力がかかる教科が英語だからなのです。

英語は総合的な知識が必要となる科目です。だから、まずは早いうちに徹底的に基礎を固めて順調に仕上がってきたら、残りの教科に集中的に取り組むことが先決です。

「習慣は第二の天性なり」という名言があります。

習慣は、生まれつきの性質(天性)と変わらないくらい、人間の行動に大きな影響を及ぼす、といった意味であります。

日々の行動や勉強のやり方は、かなりの部分、個人の資質や性格に左右されますが、習慣にはそれを覆すだけの力があります。

1日に勉強できる時間は限られています。同じ時間だけ勉強していても結果に差が出ます。勉強効率(単位時間あたりの勉強量)に個人差があるためでしょう。受験計画を滞りなく進めるには、勉強効率を高める工夫を、習慣として定着させることが欠かせません。

それまでの習慣を変えるのは、簡単ではないイメージがあるかもしれません。しかし、習慣そのものを根底から変えるわけではないのです。

今までの生活習慣をベースにしながら、要所要所で小さな修正を試みるだけでいいのです。

 

「茂塾」では、そうした生活習慣を定着させて、小さな成功を積み上げて、自分に対する自信を高めていくように指導をしております。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

新高校3年生・高校1・2年生向け説明会開催

新塾生向けの説明会を開催しております

《 開催日:3/19(日)・3/26(日) 》

詳細については、お問い合わせください

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

国公立大の後期日程試験

平成29年3月12日(日)以降