大学進学に係る事項について

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

いよいよ本日!「茂塾」で新しい試みを開始すべく、2名の生徒に体験講座を行います。

どんな内容になるのか楽しみです。

興味のある生徒の方は、是非とも見学やその詳細について聞いてくださいね。

本日、18:00から開始いたします。

 

さて、県内の新規学卒者(2015年春卒業)の平均初任給は、男性で高卒の15万2千円に対し、大卒は3万7千円高い18万9千円となっております。女性も大卒が高卒を4万円上回り、18万3千円となっております。大学進学を目指す人が多い要因の一つとして、大卒と高卒で給料などの待遇面で差があることが考えられるでしょう。

一方、大学進学には金銭的な負担が大きいものです。日本学生支援機構によると、同機構から奨学金を受けている学生は38.0%。大学独自の分も含めると、半数を超える学生が受給していることになります。20年前までは2割台で推移していましたが、大幅に増加しています。県内の4年制大学では、同機構の奨学金を受給している学生は宮崎大で49%、宮崎公立大で57%に達しているとのことです。

奨学金を巡る状況は、今春から少しずつではありますが変わりつつあります。政府は返還不要の給付型奨学金を導入することを決め、一部の学生に対して先行実施します。県も、県内で就職した若者を対象に、大学在学中に借りた奨学金の返還を最大2分の1まで支援する制度をスタートさせます。

では奨学金の申込時期はいつなのでしょうか。

奨学金の申し込みは、高校3年生のうちに予約申し込みをしておく「予約採用」と進学先の大学を通じて申し込む「在学採用」があります。奨学金が早く振り込まれるのは「予約採用」で第1回目の振り込みは、大学入学後の5~6月になります。

予約採用は、高校3年生の4~5月に在学している高校で募集があります。大学に進学する1年前になりますから、まだ進路が未決定の段階ということもあり、そこまで頭が回らないかもしれませんね。10月にも募集が行われますが、第2種のみとなりますから、やはり4~5月の申し込み時期を見過ごさないようにしましょう。

一方、在学採用は、進学した大学の窓口で4月に募集が行われます。入学直後の慌ただしい時期のことだけに、気づいたら募集が終了していたという学生が多くいるといいます。また、申し込み日によって、初回の振り込み日が変わりますから、なるべく早めに手続きを済ませたいところです。

第1種と第2種を同時に借りる「併用貸与」もあります。申し込み項目には、第1種か第2種のいずれかのみ希望するか、両方を希望するかを選ぶ項目がありますが、ここでは両方を希望しておくのが賢明でしょう。というのも、第1種の選考にもれたことが分かってからでは、第2種の申し込みに間に合わないからです。

(第1種奨学金)

・無利息

・条件:高校2~3年の成績が3.5以上(予約採用の場合は1~2年)高校等における成績が平均水準以上等

・国公立大(自宅通学者) 月額45,000円

・国公立大(自宅外通学者)月額51,000円

・私立大(自宅通学者)  月額54,000円

・私立大(自宅外通学者) 月額64,000円

(第2種奨学金)

・在学中は無利息、卒業後年利3%を上限とする利息付

・条件:高校等における成績が平均水準以上等

・月額30,000円、月額50,000円、月額80,000円、月額100,000円、月額120,000円から自由選択

 

以上、ご参考になればと思います。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474