未来の自分は埋め合わせをしません

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

昨日は、「茂塾」の第1期生が進学先に引っ越す前日の日でした。最後まで「茂塾」で自主勉強に励んでおりましたね。「お世話になりました」と、挨拶を交わして、また顔を出してくれると約束をしてくれました。また、先日は2名の第1期生の生徒が現役生に向けて大学受験を体験しての講話をしてくれました。私たちよりも、身近な人(年齢の近い人)が話すこと、また頑張っている姿を見ていたからこそ、説得力があるのでしょう。本当にありがとう!

彼らの経験を次の現役生に共有化することで、大学受験を乗り越えていきましょう。

 

さて、「双曲割引」という概念を知っているでしょうか。

双曲割引の考え方によれば、人は概して、遠い将来のことには比較的辛抱強いですが、近い将来のことにはせっかちだというのです。

もし、いますぐに1万円もらうのと来週1万500円もらうのと、どちらを選ぶでしょうか?そして、1年後に1万円もらうのと1年1週間後に1万500円もらうのでは、どちらを選ぶでしょうか?多くの人は、1週間後の1万500円より今の1万円を選びますが、1年後の1万円より1年1週間後の1万500円を選ぶでしょう。私たちは、短期的には忍耐心がなく、長期的には忍耐心というのを発揮できるというのです。

減量に関しても同様のパターンがよく見られます。痩せるためには忍耐が必要ですが、それが恩恵をもたらすまでには時間がかかります。その結果、食事の最後にデザートメニューを目の前にすると、その魅力に屈してしまいます。そして、明日からはデザートに手を出さず、ヘルシーなフルーツを食べて、エクササイズをしようと決意するのです。言うまでもなく、明日にもこれと同じことが繰り返されるでしょう。目先の意思決定は脳の辺縁系が担当し、将来どうするかという意志決定は前頭葉が担当しているのです。

もし、皆さんが美味しそうなデザートを見て我慢できなくなるとしましょう。そして、それを口に入れたとき、未来の自分がそれを埋め合わせる行動を取るだろうと無意識に期待するのです。しかし、再び食後のデザートを選ぶ場面になると、未来のあなたはその都度、同じことを繰り返すのです。問題を未来の自分に先送りするのです。これが延々と続くのです。

 

大学受験も同じことが言えると思います。来たるべき日はもうすでに決まっております。そこで適切な計画を立てて、受験を受ける未来の自分と現在の自分の間ですり合わせを行うことが大切なのです。

「茂塾」に掲示されている試験日までの残日数を確認して、大学受験に備えるためには、長期的な計画を貫くことを優先させて、目先の快感を味わうことを自制しなければならないのです。

その計画を放棄したり、変更したりしてしまわぬようにすることが、私たち「茂塾」の役目でもあるのです。

 

自分に打ち勝つ強い心も同時に鍛えていきましょう。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474