定期テストの対策

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

昨日は、新しく入塾をされました生徒の保護者の方におかれましては、ご契約に際しまして足をお運びいただきまして誠にありがとうございました。

これから、二人三脚での受験勉強で送迎や精神的な支えの分でご苦労をおかけすると思いますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

来る平成29年4月19日(水)には、MRTmicc2階ダイヤモンドホールにて、「大学・短大進学相談会」が開催されます。対象は、大学・短大・専門学校へ進学を希望する高校生とその保護者、進学担当教諭です。各校が個別にブースを設けて、担当者が相談に応じるほか、学校案内などのパンフレットを無料配布いたします。県内外の大学、短大74校、専門学校84校が参加するとのことです。

事前予約は不要で、入場料も無料です。

平成29年4月19日(水)午後4時~午後6時30分までとなっております。

ご興味のある方は、参加してみてはいかがでしょうか。

 

さて、定期テストというのは、いわば超短期決戦です。限られた時間を有効に使い、自分が設定した課題をクリアすることが目標と言えるでしょう。

全科目で高得点を叩き出す必要はないかもしれません。志望校の受験科目には力を入れて、そうでない科目については赤点を逃れれば良いくらいに割り切りましょう。

定期テスト対策の期間中は、自分で進めてきた受験計画は、ペースを落とすことになります。やらないのではなくて、ペースを落とすのです。授業より先に進んでいる科目に関しては、定期テストを復習の機会に出来るので、取り組んでおいて損はないでしょう。

特に、志望校の受験科目である英語、数学、国語は重点科目として位置付けてください。テスト期間中は、自分の勉強に全く触れていないと、せっかく積み上げてきたことが抜けてしまうことがあります。なので、短時間でも出来る何かしらの自分ルール的なノルマを課して、日々取り組んでください。

いずれにせよ、定期テストも終わってからが勝負となります。そう考えてしっかりと復習をしましょう。何もしなければ忘れてしまう記憶を、確実に定着させるのです。

そうは言っても、なかなか思い通りにはいかないものですよね。そうならないために、しっかりと取捨選択をして計画を立てていくことが大切だと思います。

言うまでもなく、大学受験を目指す生徒の皆さんにとっての最終ゴールは入試の突破であり、学校の定期試験で良い成績を取ることではありません。仮に、定期テストが最高得点でも受験に失敗しては元も子もなくなってしまいます。とはいえ、学校の試験を無視してもいいという道理はなく、むしろ、定期テストはおろそかに出来ない場合もあります。この成績結果が推薦試験の合否判定の基準になるのですから。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474