教育無償化について

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

2010年3月、高校無償化法案が民主党政権(当時)の衆院本会議で可決されました。その年の4月には高校無償化法が施行されました。そして、2013年11月、公立高校の授業料免除に所得制限を設ける改正高校無償化法案が第2次安倍政権下で成立いたしました。翌2014年4月、高校無償化制度に所得制限を導入して、幼児教育の段階的な無償化が開始されました。

2017年4月からは、返還不要な国の給付型奨学金制度の一部を先行実施しております。

幼児期から大学までの教育無償化の実現には、新たに4兆円以上の財源が必要との試算があります。必要な費用は、3~5歳の幼稚園、保育所、認定こども園の保育料が計7000億円。高校では現在の所得制限を超える層への追加支給などで、全日制に限っても約3000億円が必要となります。国公私立大の学生納付金は約3兆1000億円かかり、合わせると約4兆1000億円になります。

文部科学省によると、2016年度の高校進学率は98.7%で、浪人生らを含む大学進学率は52%となっております。2015年度の経済的理由による高校中退者は1364人でした。授業料無償の対象者でも、教育費などの私費負担が中退の要因として考えられるとのことです。

大学の学費については、下記の通りです。

・私立大(2014年度)

年間授業料 : 86万4384円

入 学 金 : 26万1089円

・公立大(2015年度)

年間授業料 : 53万7857円

入 学 金 : 39万7721円

・国立大(2015年度)

年間授業料 : 53万5800円

入 学 金 : 28万2000円

 

教育を受ける権利や義務教育の無償化を規定した憲法26条は、現在の教育制度の根幹となっております。しかし、経済的理由で高校や大学進学をあきらめざるを得ない人もいるのが事実です。

誰しもが進学することで、将来の可能性を広げて、自立した生活を送り、社会に貢献できることができるものと考えております。

「茂塾」の生徒は、大学進学を目指して「今、ここに」集中しております。自分の可能性を大いに生かすために、受験に挑戦しているのです。受験を通して自分自身と闘い、孤独に打ち勝つ勇気や自信が持てるようになるでしょう。目標を持つことや努力の大切さも知ることができるはずです。

無限の可能性を秘めている生徒が、もっと学びの場に積極的に参加でき、もっと自由に選択できる社会の実現に向けてより良い政策を期待したいと思います。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

G W 集 中 特 訓 の ご 案 内

5/3(水)・5/4(木)・5/5(金)

申し込み期限:平成29年4月29日(土)まで

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●