自分のための勉強をしましょう

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

嬉しいことがありました。昨日、新高校1年生から「GW集中特訓」の申し込みがありました。先日入塾をしたばかりですが、意識の高い生徒が入塾してくれたことに大変嬉しく思っております。遠方からの通学や部活動で時間に追われている生活をしているとのことですが、自らやろうと決心したその心意気が私は素晴らしいと思います。

「他人と過去は変えることができない」と言われています。そうです。変わるのは自分自身なのです。自らが変わろうとしている決心を感じた次第です。

まだ申し込みをしていない生徒は、平成29年4月29日(土)までにお申し込みくださいね。

本気の生徒を求む!

 

さて、上記の新1年生は受験までまだ十分に時間が残っています。高校のランクや今の成績がどうであれ、あるいは「行きたい大学」がどんな難関校であれ、合格の可能性は十分あります。あとは心の底から「行きたい」と思う大学をためらうことなく志望校に掲げてほしいと思います。そして、その志望校を目標に、「今から頑張れば、必ず受かる!」と強く信じてください。

しかし、学校のカリキュラム通りでは合格することは大変難しいでしょう。「茂塾」のように工夫して勉強を行えば道は開けます。

英語というのは受験において大変重要な科目です。他が重要ではないとは言っておりませんが、非常に時間のかかる科目なのです。社会や理科は、基礎的なことさえ身に付けておけば、むしろ独学の方が効率よく勉強できるのです。

現在の学校が悪いとは言いませんが、強制力の強い学校にいると、下の成績から這い上がろうとするときに、「学校の勉強」を頑張って、もう一度同じレールに戻ろうとします。しかし、学校のやり方にしたがって努力しても、「特急列車」に乗っている先頭集団にはなかなか追いつけないのが現実です。

しかし、学校とは違うところで、工夫しながら勉強をするという発想を持てば、また違う可能性が開けてくるのです。つまり、学校のレールに戻るのではなく、志望校に合ったその人それぞれの戦術で合格する道を切り開かなければならないのです。

そのためには、「学校の価値観」から離れて、「自分のための勉強」を貫く勇気が必要だと思います。「学校の勉強」と「自分のための勉強」を分けて考えることです。そして、「自分のための勉強」に専念できる環境を自分で作ることが大切です。それが合格を実現するために重要なのです。

 

「茂塾」で開催するGW集中特訓では、学校から離れて英語先行型の「茂塾」の勉強法や自分なりの戦術で、しかも学校の敷いたレールよりも効率よく勉強する方法を身に付けることができるでしょう。

そして、受験勉強という孤独に打ち勝つための訓練をするのです。

 

「自分のための勉強」をするには、自らそのような環境に身を置くべきなのだと思います。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

G W 集 中 特 訓 の ご 案 内

5/3(水)・5/4(木)・5/5(金)

申し込み期限:平成29年4月29日(土)まで

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●