志望大学を決めよう

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

明日から大型連休に入る方も多いかと思います。休みというのをどのようにして過ごすのかは皆さん次第です。もし今、自分の状況がしんどくて勉強に燃える魂を取り戻せないのなら、休日にゆったり休むことも一つの方法です。大切なのは、今の自分を否定しないことだと思います。今起きていることがどれほど辛くても、生きてさえいれば、いつか思い返せる日が来るのです。

弱い自分、成果が上がらない自分を、他人のせいにして正当化するのはよくありません。しかし、弱い自分を受け入れてあげることはしていいと思います。休日とは、パワーをためる時間にも使えるのです。

「茂塾」の生徒たちは、自己実現のために勉強しています。そのためには夢を持つべきです。夢があるから目標があります。目標があるから計画があるのです。計画があるから行動があり、行動があるから成果が出るのです。成果が出るから自信がつき、自信があるから次の夢に繋がるんです。

その夢は最初に見た夢よりも高く、そして大きくなっているでしょう。

 

さて、要領がいいということを、「ズルいやり方をする」とか「適当に手を抜きながらうまくやる」という意味で捉えている人がいると思いますが、「要領良くやる」とは、「つぎ込んだ時間や労力に対する報酬や効果を最大限に高める」ということだと思います。経済学用語では「費用対効果」と呼ばれているものを高めるのです。

受験勉強を「要領良く進める」には、まず、志望校が決まっていることが条件でしょう。志望校を決めないまま「学校の勉強」を中心に勉強していくと、例えば、受験に必要のない科目に余計な時間をつぎ込んだり、入試に出ないようなことまで勉強したりと、費用対効果(コストパフォーマンス)が悪くなります。

志望校が決まっていない人は、出来るだけ早い時期に志望校を決めてください。その際、とりあえず学校の成績や偏差値などは無視して考え、今の時点で「一番行きたい大学」や「あこがれの大学」を志望校にしましょう。

もちろん、現在の自分の実力に照らしてあまりにも無謀な高望みは勧めませんが、入試まであと1年半以上残している高校2年生なら、偏差値にして15~20上の大学をどんどん狙っていいと私は思います。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

G W 集 中 特 訓 の ご 案 内

5/3(水)・5/4(木)・5/5(金)

申し込み期限:平成29年4月29日(土)まで

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●