売り手市場が高まっています

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

昨日は、既卒生の方と少しだけ話をする機会がありました。「夢を持っているか」「大学進学をしてから何を学びたいか」「社会に出てから待ち受けていること」「自分でお金を稼ぐということ」「昨年度の既卒生の様子」「私自身のこと」等を立ち話ではありましたが、熱心に聞いてくれましたね。

既卒生にも話しましたが、大学よりも社会に出てからの方が何十倍も人生を謳歌できます。そして何より、社会に出てから本当の意味での親孝行ができます。

社会の中で、必要とされることややり遂げた時の達成感を味わえること、感謝されること、感謝すること、自分の非力さを痛感すること、素直に謝ること、助けられること、手を差し伸べることや励まされること、たくさんのことを学ぶことができます。それも、給料という賃金をもらいながらです。

自分の労力の対価が賃金になりますが、それ以上にたくさんの見返りをもらえるのが社会です。

夢を持ってくださいと伝えました。その夢に向かって目標を持ち、行動を起こし、成果を出して自分の自信に変えていってほしいと思います。

また時間のある時に、話しましょうね。

 

さて、厚生労働省が28日に発表した3月の有効求人倍率は1.45倍であったとのことです。バブル経済末期の1990年11月以来、26年4か月ぶりの高い水準となっております。これは、景気の緩やかな回復を背景に企業の人手不足感が強まっており、求人が増加しているようです。

有効求人倍率は求職者1人当たりの求人数を示しております。バブル期の最高は90年7月の1.46倍でありました。3月の求人倍率を求人票で届けられたハローワークが所在する都道府県別でみると、最高は東京の2.06倍、最低は沖縄の1.01倍だったようです。

宮崎でも、今春卒業した高校生と大学生などの就職内定率を発表しています。高校は99.3%、大学などは96.4%で、いずれも記録が残る2002年以降、過去2番目に高かったようです。内定率の高水準は、人手不足で企業側の採用意欲が高まっていることが背景にあるようです。

 

イチロー選手が言っております。

「夢をつかむというのは一気にはできません。小さなことを積み重ねることで、いつの日か信じられないような力を出せるようになっていきます。」

「高校時代、毎日10分だけ素振りをしました。1年365日、3年続けたそのことで、たった10分がすごい時間に感じ、誰よりも継続したことで強い気持ちが持てるようになりました。」

「特別なことをするために、特別なことをするのではない。特別なことをするために、普段通りの当たり前のことをする。」

当たり前のことを普段ごととしてしっかりと習慣化して、絶え間なく行うことが大切なのですね。

 

受験勉強においても、通じるものがあるのではないでしょうか。

5月の「茂塾」の生徒の目標を楽しみにしております。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

G W 集 中 特 訓 の ご 案 内

5/3(水)・5/4(木)・5/5(金)

申し込み期限:平成29年4月29日(土)まで

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●