慣れ型の学習

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

受験英語に強くなるには慣れ型の学習を土台にして、それ以外の部分を理詰め型の学習で補うやり方が必要です。そして、「英語が伸びない」「やり方が分からない」という生徒は、「茂塾」の効率的かつ実力がつく方法で学習することをお勧めいたします。

 

英語の勉強は、慣れ型と理詰め型の両方の要素からなります。大量の英文に接しながら読解力を鍛える、英文の音声を聴きながらリスニング力をつける、などは「慣れ型」の代表的な勉強方法です。

一方、文法や語法を理解して覚える、文法知識を適用して英文の和訳を書く、などは「理詰め型」の勉強法です。

中学や高校で習う学校英語ではこの「慣れ型」の要素が非常に少ないのです。高校の3年間で使う教科書の総語数は、25,000語程度でしょう。これは非常に少ないと思います。なぜかというと、東大や早慶など難関大学の入試では、「1分間に100語」やそれ以上のスピードで英文を読めなければ太刀打ちできないと言われています。ネイティブが普通に話す会話スピードが「1分間に150語」と言われているから、その3分の2の速さなのです。

よって、学校の授業だけで3年間かけてゆっくりと読んでいるようでしたら、慣れるわけありません。

多くの生徒の英語が伸びない原因は、「慣れ型」と「理詰め型」のバランスの悪さにあります。学校が押し付ける「理詰め型」の勉強に終始し「慣れ型」に移行するまでもなく入試を迎えてしまうのです。これでは、読み込み量の不足、演習量の不足は決定的です。

入試英語では、長文を読んで意味が理解できれば、少なくとも読解系の問題に関しては合格点を超えられるでしょう。近年の入試は、センター試験を見ても分かるように、長文読解重視型へと大きくシフトしております。重箱のすみを突くような細かい文法・語法問題は影を潜め、「直球勝負の長文読解力」を試す大学が非常に多いのです。

つまりは、長文を素早く読んで設問を処理する「速読速解力」や「処理能力」が試されます。よってこの能力を養うには、どうしても「慣れ型」を踏む必要があるのです。

まずは、「読み慣れ」をつくることが、受験英語に勝つための絶対条件と言えるでしょう。学校ではそれを期待することはできません。しかし、「茂塾」ではこうした経験や方法論をもとに授業を展開しているので、確実に実力がつくのです。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474