英語を伸ばそう!

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

英語が伸びずに悩んでいる人は、「単語を知らないからできない」とか「文法を知らないから読めない」と考えて、自分なりになんとかしようと頑張ります。しかし決定的にまずいのは「できないこと」だけに目がいって、全体の勉強のバランスを悪くしてしまうことです。

「自分は語彙力不足だ」となると、いきなり単語集を買ってきて暗記だけにかかります。「読めないのは文法ができないからだ」となると、分厚い文法の問題集を解き始めたりするのです。その勉強法では一貫性がまるでありません。あるのはその場しのぎの自己満足だけです。こんなことを繰り返していては、上がるはずの実力も上がらないと私は思います。

入試問題を見れば、何を優先させればいいのかは一目瞭然です。単語や文法ではないのです。長文対策なのです。その「読み慣れ」ができていないうちは、何をやっても効率よく進まないでしょう。文法や語法、語句などをバラバラに覚えていくだけでは、絶対に「読み慣れ」はつくれません。「ひたすらに読む」という作業を通じてのみ「慣れ」ができるのです。

また、高校入試レベルの長文が読めないという人は、中学時代に身に付けるべき知識(基本文法や単語)に穴があることが原因です。学校ではそういう生徒がいるにもかかわらず、授業はどんどん進められていきます。学校が面倒を見てくれないというのなら、自分で問題を解決するしかないのです。

英語という教科は、他の教科とはかなり違う側面があります。それは、「分からないから進めない」「納得できないために行き詰まる」ということが数学や物理などに比べて少ないのです。例えば、理屈で考えるより前に、関係代名詞の what を使った英文にたくさん接することで、しだいに訳し方や使い方が分かってくるのです。これが「慣れ型」で英語の感覚をつかむプロセスなのです。

 

英語という科目は、伸ばすのにある程度の時間がかかりますが、一旦ついた実力はそうそう簡単には落ちない特性があります。英語が伸びてくれば、今は無理だと思っている大学でも射程圏内に入ってきます。他に苦手科目があっても、得意な英語で失点分をカバーすれば、難関大学の合格最低点をクリアすることも十分可能なのです。

つまり、受験英語を制した者が、受験の勝者になれると言っても過言ではないのです。さらにつけ加えると、受験英語で培った英語力は、大学に入ってからの勉強や研究、就職してからの仕事やキャリアアップにも必ず役に立ちます。「あのとき勉強しておいてよかった」と思える日が、実は遠くない将来にやってきます。

だからこそ、「茂塾」の生徒の皆さん、「今、ここ」に集中してください。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474