働くことで得られる幸せ

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

昨日、ご面談に来ていただきました保護者の方、生徒の方におかれましては誠にありがとうございました。現在、既卒生のクラスの入塾は締め切りましたが、現役生の入塾は受け付けております。

高校3年生のクラスは、2クラスあります。昨年は、9月に入塾の受付を締め切りましたので、高校3年生の生徒は9月までにご入塾のご検討をされた方がよいかもしれません。

まずは、お電話をいただき、面談を行い、生徒と保護者の方に十分に考えていただきます。入塾を強要することは決してありませんので、お気軽にお問い合わせください。

そして、「茂塾」では生徒数増加に伴い、教室を増床して、第2号室でも授業を行いました。昨日は、高校2年生と高校3年生(理系)クラスでしたので。実力テストや復習テストも満点だった生徒もおり、得点上位の生徒は常に同じ生徒でもあります。しかし、時にある生徒も上位に食い込んでおります。一日一生。凡事徹底。しっかりと「残る勉強」をして、定着させていってください。

その結果の詳細については、またこのブログにてお知らせいたします。

 

雇用状況の改善が続いております。先のブログでも記しました通り、4月の有効求人倍率は、1.48倍に上昇してバブル経済時で最高だった1.46倍を上回り、1974年2月の1.53倍以来の高水準となったようです。

大学生と高校生の就職率も大きく改善されており、国の調査では大学を卒業し、就職を希望した人の4月1日時点の就職率は97.6%で、97年春卒以来最高だったとのこと。3月末時点の高校生の就職率は98.0%で7年連続の増加となったようです。

人口減少に伴う労働供給の縮小は確かに最近の雇用改善の一因でもありますが、最も大きな原因は緩やかな景気上昇により労働需要が拡大していることであると言われております。

2016年度の平均求人数は約257万人で、統計を開始してからの最多となっております。15~64歳の年齢人口は1997年がピークで、98年から減少に転じております。

幸せのかたちは人それぞれです。人に愛されること、人に褒められること、人の役に立つこと、人から必要とされること、働くことによって、愛以外の3つの幸せは得られるのです。

「茂塾」の生徒がこの3つの幸せを得られるために、「今、ここ」に集中して共にやっていきたいですね。

 

さて、ここで一つ問題です。ある内容一致問題です。実用速読力を身に付けるために必要な読解力が試される問題です。この問題では、本文を読まなくても、読解力を駆使して先に問題を読んで逆に本文の内容を推測することもできます。これは一つのテクニックですが。。。

・本文の内容と一致するものを一つ選び、解答欄の該当箇所をマークしなさい。

a. Scientists must spend a lot of time outdoors when they are children .

b. Scientists must remember their childhood .

c. Scientists discoveries may begin from silly questions .

d. Scientists have the ability to communicate with non-human creatures .

e. Scientists thinking is based only on what can be seen and touched .

【和訳】

a. 科学者は、子ども時代に屋外で多くの時間を過ごさなければならない。

b. 科学者は幼少期の頃を思い出すべきだ。

c. 科学的発見は、ばかげた疑問から始まるようだ。

d. 科学者は人間以外の動物とコミュニケート出来る能力を持つ。

e. 科学的思考は、見えるもの・触れられるものだけに基づく。

読解してみて、「これは違うのでは?」というものに気づくでしょう。この設問の答えは、C です。カンのいい人なら本文の内容を読まなくでも C が一番正解らしいと分かるのではないでしょうか。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474