基礎体力期の勉強

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

ある高校3年生の生徒は、宣言というか約束をしております。そして、それを書面にして「茂塾」に張り出しております。

①「月~土まで毎日塾に来てひたすら勉強に邁進します」

②「第一志望大学である〇〇大学に合格して大学生活を enjoy します」

③「1日の中で、すべき事を最初に計画し、実行するまで帰りません」

④「受験本番で、「見せてやれ底力」と自分自身に言えるように他の力を寄せ付けない圧倒的な努力をします」

⑤「①・③・④が守れなかった場合、えのもと 先生の説教を受けます」

⑥「①~⑤の事を将来を見据えて最後までやり通してみせます」

平成29年6月5日、〇〇 〇〇

そして、彼の6月の目標は、「基礎力をつける」「真剣になる!」と書いております。

私たち「茂塾」は、本気の生徒を全力でサポートします。この宣言は、本気になるための自分との約束だと捉えています。そして、それを守るのは本気に取り組むために当然の事だと思います。

〇〇 くん、このブログにてみんなに宣言しましたからね。私たちとの約束ではなく、自分との約束ですから。

私たちは、本気だからこそ熱く指導します。本気だからこそ厳しく指導します。本気だからこそ、生徒の気持ちが分かるのです。

くれぐれも説教を受けることにならないように。この宣言を私自身も胸に刻み、日々の業務にあたりたいと思います。

優先順位:常に最優先テーマに沿って物事(勉強)は順序正しく行うということです。

 

さて、上の宣言をした生徒も目標に掲げていた基礎力です。基礎力がないまま英文を読むと、1行読むのに辞書を2回も3回も引き、かつそれでもうまく訳せないとなると、効率を落としてしまいます。長文を読むために最低限必要なパーツは「茂塾」の授業で皆さんには伝えております。

基礎体力期の時期の勉強のポイントは、神経質なくらい確実に暗記して、しつこすぎるくらいに何度も復習することです。おそらく、この時期から始めなければならない人は、それまでかなり雑に英語の勉強をやってきたはずです。そういう人にとって基礎体力期の勉強は、最も単調でつまらないものになるでしょう。

①これまでの「雑なやり方」を変えていく

②期間とやることを限定して、単調な勉強に耐える

③確実に復習して、「残す勉強」を身に付ける

つまらなさに耐えてこそ、道が開けるのです。そして、単語や文法、構文などを一気に覚え込みましょう。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

本日、ご面談にお越しになられる保護者の方におかれましては、くれぐれも気を付けてお越しください。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474