大学選び

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

昨日の「定期テストの勉強会」に参加された生徒の皆さん、お疲れさまでした。

19時を過ぎても多くの生徒が自習しておりましたね。

早め早めに定期テストは対策をすることで、先憂後楽できますので。

そして、自分のための勉強に少しでも時間を割いていきましょう。

 

7月に入り、これから大学のオープンキャンパスに行く生徒がいるかもしれません。どこの大学に行こうか?とか、案内パンフレットに書かれている教育方針を見ることがありますよね。

教育方針は一見、抽象的でイメージしにくい言葉が並んでいるように見えますが、大学ごとに大きく異なります。

各大学には、大学全体や学部・学科で養成したい人材像、身に付けられる力などを掲げた「コンセプト」があります。それを実現する具体的なプログラムや授業内容が「カリキュラム」や「シラバス」に反映されているはずなのです。

例えば、ある大学が「主体的な人材の育成」を掲げているとします。その理念に共感するのなら、志望先に含めるかどうかの第一関門はクリアと言えるでしょう。さらに「それが実現できる授業内容・学習環境であるか」を念頭に、情報を収集しましょう。

理念は「読む」だけでなく「体感」することも重要です。オープンキャンパスなどに足を運ぶにも、初めから志望先を絞り過ぎず複数見学することをお勧めします。その歴史・規模などによって、各大学の学習スタイルやキャンパスの雰囲気は異なります。「ここで学びたい!」と感じた理由を整理してみると、大学選びで重視したい点が明確になります。またその後で、教育方針などを読み返せば、大学のアピールポイントをより理解しやすくなるでしょう。

 

〇アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

大学・学部の教育理念や特色を踏まえ、どのような教育活動を行い、どのような能力や意欲を持った学生を求めているのかなどの考え方をまとめたもの。入学者の選抜方法や高校で履修しておくべき科目などが示されています。

〇ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

大学全体や学部・学科でどのような人材を養成するのか、卒業までに学生が身に付けるべき能力などをまとめたもの。

〇カリキュラム・ポリシー

ディプロマ・ポリシーに示したkとおを実現させるため、学部・学科ごとに、どのような授業で何を学ぶのか、その教育課程の編成や実施方法についてまとめたもの。

 

オープンキャンパスでは大学の雰囲気をつかむための貴重な場です。しかし、高校生向けに易しい言葉が使われたりすることもあります。「日常の姿」とは違う部分もあるということは、意識しておく必要があります。

最近は自主的に、普段の授業などを外部に公開する機会を設ける大学も増えています。積極的に活用するとよいでしょう。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

-----------------------

既 卒 生 : 入塾締め切り

高校3年生 : 8月31日(木)まで入塾の受付

高校2年生 : 定員まで若干名

高校1年生 : いつでも入塾できます

-----------------------