理解型の暗記をしましょう

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

高等教育の無償化で国が授業料(学生納付金)を肩代わりすると国の実質補助率が国立と私立で逆転する「私立の国立化」を招くのではないかと考えられています。

日本は高等教育支出の公費負担は0.5~0.6%と主要国中で最下位であり、私費負担が重いのです。私費負担を軽減して大学進学率を高めることは、個々の知識・能力を高めて経済成長のみならず生活の安定化をもたらし、少子化対策としても効果的であり、費用対効果も大きいとされています。

直近の学校基本調査によると18歳人口の大学進学率は52%、短大・高専や専門学校を含めると80%となっております。無償化の対象が大学ならば世代の約半数、高等教育機関全体としても約2割は、自らが受益者にならない無償化政策の財源負担を行い、自ら受ける行政サービスの財源負担と二重負担になってしまうことが懸念されています。

この問題は本年度から始まった東京都の私立高校の実質無償化で生じており、「義務教育でも公立でもない私立高校に対して無償化は納得がいかない。このようなお金があるのならば、障がい者や恵まれない人に使ってほしい」という声が都の広報に記載されています。

もちろん、無償化といっても卒業後の収入に応じて後払いさせるなど様々な方式が内々で検討されており、全て国が肩代わりとならない可能性が高いのです。

財源をどのように確保するのか、私立大学と国立・公立大学の性格や役割などを議論していただき、未来ある世代により良い政策を期待しています。

 

さて、英語の勉強を効率よく進めるには、「慣れ型」と「理詰め型」のバランスを上手に取ることが重要です。昨日勉強して覚えたことが、翌日になるとほとんど抜けてしまうのは、理詰め型のプロセスが不足しているか、「理解を伴った暗記」ができていないのかもしれません。

例えば、解説や全訳を読んで、「何となく構造がつかめたような感じ」だけで先に進んでしまうと、翌日、同じ英文を見た時にスラスラと訳が頭に浮かんできません。その原因はきっと、「分かったつもり」で終わっているからでしょう。

「なぜこういう訳になるのか」を、英文の構造を正確に把握したうえでチェックする作業が不可欠です。厳密な構造把握ができて、初めて理解型暗記に持ち込むことができるのです。

翌日の復習であまりにも忘れ方が大きいときは、「理解してから暗記」を心掛けて、勉強のやり方を工夫しましょう。

 

Do not dwell in the past, do not dream of the future, concentrate the mind on the present moment .

--- Gautama Siddhartha ( Buddha )

過去に生きるな。未来を空想するな。今の瞬間に集中しなさい。

--- ガウタマ・シッダールタ(ブッダ)

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

-----------------------

既 卒 生 : 入塾締め切り

高校3年生 : 8月31日(木)まで入塾の受付

高校2年生 : 定員まで若干名

高校1年生 : いつでも入塾できます

-----------------------