理解型の暗記をしましょう

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

高校生の通学中の自転車事故のうち43.8%が1年生だと言います。「自転車の安全利用促進委員会」が2015年の全国の事故例を分析した結果、このような実態が明らかになりました。特に1年生の事故件数が急増するのは5~6月だそうです。上記委員会は「通学への慣れから注意力が落ちた可能性がある」と指摘しております。

自転車の通学時間が長いと事故が頻繁に多発する可能性も高くなるようです。

「茂塾」では、万が一に備えて塾生徒用の損害保険に加入しております。しかし、それだけでは十分な備えはできません。何より身体と心と時間は取り戻すことができません。

気温の上昇に伴い、ボーっとすることや日頃の勉強の疲れで気が緩みがちになるかもしれません。今一度、通塾の際は細心の注意を払い、余裕を持って来てくださいね。

 

今年の大学等の就職戦線は学生が優位な立場の「売り手市場」と言われており、7月1日時点の内定率が8割を超えたという結果を先日のブログにて報告したところでした。過去最高となった2017年3月卒の内定率を上回りそうな勢いだと言います。

2019年卒の大学生の就活スケジュールをみると、下記のようなスケジュールとなっております。

・大学3年生

17年7月~9月 夏季インターン

18年1月~2月 冬季インターン

    3月1日 採用活動解禁

・大学4年生

         説明会に参加

         エントリーシート提出

    6月1日 選考解禁

     10月 内定

学生が仕事を理解するためのインターンシップ(就業体験)を1日のみ開催する企業が今夏以降、前年同期比で約7割増えるようです。人手不足を背景にインターンを通じた青田買いに乗り出す企業も増えております。1日型を通じてインターンに参加する学生の裾野が広がり、大学3年生の夏から事実上の就職活動が始まる流れが加速しそうです。

学生と企業が接触する機会が拡大していきそうですが、インターンを通じて企業の採用活動が事実上、半年近く前倒しされるとの指摘もあり、長期化する就活で学業がおろそかになる懸念もあります。

 

さて、皆さんは理解をともなった暗記をしていますでしょうか。例えば、授業の解説や全訳を読んで、「何となく構造がつかめたような感じ」だけで先に進んでしまうと、翌日、同じ英文を見たときにスラスラと訳が頭に浮かんでこないのではないでしょうか。それは、「分かったつもり」で終わっているからなのです。

「なぜこういう訳になるのか」を、英文構造を正確に把握したうえでチェックする作業が不可欠です。「何となく意味がとおっている」とか「だいたい意味が合っている」だけではダメなのです。

厳密な構造把握ができて、初めて理解型暗記に持ち込むことができるのです。

「理解してから暗記」を徹底して、復習をしていきましょう。

 

I have failed over and over again in my life .

And that is why I succeed . ーMichael Jordan

(私は何度も何度も失敗した。それが私が成功した理由さ。-マイケル・ジョーダン)

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

-----------------------

既 卒 生  : 入塾締め切りました

高校3年生  : 8月31日(木)まで入塾受付

高校2年生  : 定員まで若干名

高校1年生  : いつでも入塾できます

オプション講座: 定員まで若干名 

-----------------------

 夏 期 集 中 特 訓 の お 知 ら せ

 8月 9日(水) ~ 8月15日(火)まで

※8月13日(日)を除く

申し込み締め切り:平成29年8月5日(土)まで

-----------------------