グローバル時代をひらく大学

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

昨日、ある既卒生から「疲れてますね?」と言われました。。。

全然疲れてなんかないですよ!むしろ、もっともっと仕事したいくらいです。ちょうど自転車の整理をしていたところでしたので。。。と言い訳ですが。

とはいえ、生徒から気遣いをもらうとは。。。疲れていた表情をしていたのでしょうかね。

「全ての悩みは対人関係にある」とはよく言ったもので、その逆もまた然りだと思います。人からの何気ない一言で勇気が湧いたり、モチベーションが上がったり、嬉しくなるものです。言葉は力ですね。生徒の洞察力に驚いたところでした。気遣いありがとね。

 

皆さんへご報告です。「茂塾」では「古文」のオプション講座を行っております。国語は、現代文というのは勉強すれば必ず伸びるという保証がなく、逆に勉強しないからといって成績が下がるわけでもありません。しかし、古文と漢文は、勉強すれば確実に伸びることが期待できるのです。古文文法や漢文の句法を暗記したら、演習を積みながら解法のツボを習得していくことがいいと思います。

漢文は古文に比べて覚えることが少ないのです。古文は、漢文よりも暗記の負担が重く、手をつける優先順位としては漢文よりも先になるでしょう。さらに、漢文の句法を覚えるときには古文文法の知識があったほうが有利なので、古文⇒漢文の順に手をつけていく方が勉強の効率がいいのです。

現在、高校2年生の生徒が「茂塾」のオプション講座を受講しております。やることがたくさんありすぎて、いくら時間があっても足りないのは分かります。英語が固まらないうちにあれこれと手を広げると、結局どの科目も中途半端なレベルになることもありますが、そうならないためにも、高校2年生であれば、高2のうちに、何をどれだけやっておけばいいかという目標を無理のない範囲で設定しておくことが非常に重要だと思います。

「古文」は勉強すれば確実に伸びる科目です。しかし、暗記等の負担があるためか、ついつい後回しになりがちです。

そこで「茂塾」では、講座形式にして組み込むことにより、半ば強制的に勉強をする時間を確保しているのです。

コストパフォーマンスと「確実性」を加味して言うと、漢文⇒古文⇒現代文という順序になります。

 

昨日より入塾されました生徒がオプション講座を受講いたしますので「茂塾」のオプション講座は、定員まで残り3名となっております。

 

さて、86か国・地域から約6千人が集まる立命館アジア太平洋大学。学生の半分が留学生ですが国際経営学部ではその比率が6割にものぼります。昨夏にビジネス教育の国際的機関から認証を取得、少人数で企業の課題を解決する実践的な授業も開始しました。多文化という強みを学びに生かすため、様々な工夫が凝らされています。

英語教育にも力を入れていますが、学部長は能力検定試験にはこだわっていないそうです。「偏差値やスコアに表れなくてもいい。大事なのは世界で活躍できる人材になること」と言っております。

世界中から学生を集められるのが立命館アジア太平洋大学の強みです。昨年8月には、米国に本部を置くビジネス教育の国際的な認証評価機関「AACSB」から最高水準の教育を提供する場として認証を受けました。日本への留学を検討する学生には魅力的かつ安心できる認定で、ノルウェーやポルトガル、タイのビジネススクールとの交流も始まっております。AACSB認証のメリットは、「世界のトップクラスの学生と学び合える」ことだとも言っております。

国籍が違う仲間との議論を通じて異文化交流の難しさややりがいを感じ、自分の考えを固めていく。このプロセスこそが学びの根幹とのことです。

 

To be conscious that you are ignorant is a great step to knowledge . ー Benjamin Disreali

(何も知らないと分かることが知識への大いなる一歩となる。-ベンジャミン・ディズレーリ)

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

-----------------------

既 卒 生  : 入塾締め切りました

高校3年生  : 8月31日(木)まで入塾受付

高校2年生  : 定員まで若干名

高校1年生  : いつでも入塾できます

オプション講座: 定員まで残り3名 

-----------------------

 夏 期 集 中 特 訓 の お 知 ら せ

 8月 9日(水) ~ 8月15日(火)まで

※8月13日(日)を除く

申し込み締め切り:平成29年8月5日(土)まで

-----------------------