先輩たちの悔いを教訓に

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

さあ本日から一週間の始まりです。そして、もう7月も終わりに差し掛かっております。

夏休み期間を悔いのないように過ごすにはどうすればいいのでしょうか。

ある教室が高校2年生の保護者会用に用意した資料があります。現高校3年生に「高校2年生の夏にやっておけばよかったことは何か?」「もし目の前に、去年の夏休み前の自分がいたら言ってやりたいことは何か?」を聞いたようです。

「やっておけばよかったこと」の上位を占めたのは、発展的な学習ではなく、ある程度時間を必要とする基本的な事項でした。英語では「英単語の暗記・文法問題集の演習をやっておけばよかった」という回答が半数を超えた一方、英作文や長文読解と答えた生徒はほとんどいなかったようです。

数学では、パターン演習の必要性を感じている生徒が多くいました。単純な計算演習ではなく、典型的な問題を手早く正解に解く力をつける必要性を感じているようです。

国語では古文単語・漢文の句形という回答が多かったようです。センター試験などを受験して正確な知識が不足していることが明らかになったのが理由のようです。

「1年前の自分に言ってやりたいこと」を見ていると、受験生たちが悔いている様子が浮かび上がります。例えば、「きちんと単語を覚える。今まではなんとかごまかしてきた英単語が脅威になっている」とか、「出された宿題をもっと真剣に解いておけ」「ベクトルと数列から逃げるな」「学校の漢文の授業はちゃんと聞きなさい」など。

国公立大を目指すには、多くの科目の準備をしなくてはならない上に、要求されるレベルも高いのです。受験生になって、単語や文法など地道な訓練を繰り返す時間は限られてしまいます。だからこそ、高校2年生の段階で、そうしたことはクリアしておくべきだったと後悔する生徒が多いのです。もちろん、全然ダメということではなく、より高みを目指すにあたって足りていないと感じるでしょう。

 

受験までの道のりを自ら体験できるのはたった一度きりです。このような先輩たちの「悔い」を教訓としてもらえることを願います。

やはり、早いうちに基本を学習すれば、おのずと成績が上がるということなのでしょう。

 

「茂塾」の英語の授業では、効率的な計画のもと、受験に必要な実力をつけることに特化した指導を行っております。また、必要に応じて生徒それぞれの受験計画を立てて、厳しく進捗状況を確認しております。

高校1年生・2年生にとっては、夏休みは英語の実力差をつける絶好の機会です。学校の授業のない夏休みの間に、効率的な勉強を身に付けて、2学期以降の実力アップに繋げていきます。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

-----------------------

既 卒 生  : 入塾締め切りました

高校3年生  : 8月31日(木)まで入塾受付

高校2年生  : 定員まで若干名

高校1年生  : いつでも入塾できます

オプション講座: 定員まで残り3名 

-----------------------

 夏 期 集 中 特 訓 の お 知 ら せ

 8月 9日(水) ~ 8月15日(火)まで

※8月13日(日)を除く

申し込み締め切り:平成29年8月5日(土)まで

-----------------------