正解できるまで挑戦すること

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

昨日は「夏期集中特訓」の第1日目でした。

一日一日しっかりと睡眠を取り、以後の「夏期集中特訓」を休むことなく参加していただきたい。

 

ベネッセ教育総合研究所は、皆さんが目指す大学生の学習や生活の実態調査をまとめました。大学がディスカッションなど主体的・対話的な授業を増やす改革を進める一方、学生側の学ぶ姿勢は逆に受け身になっていたようです。

調査は2008年から4年おきに実施しており、今回は16年11月から12月にかけて全国の大学1~4年生約5000人を対象に行いました。

大学で経験した授業に関する問いでは、グループワークをする授業を経験した学生が71%。08年に比べて18ポイント増えました。プレゼンテーションをする授業は67%で16ポイント増えました。授業に取り組む態度を聞くと、グループワークなどで「異なる意見や立場に配慮する」とした学生が67%で14ポイント増で、「意見を言う」と答えた学生は59%で12ポイント増えました。

一方で、学習の方法を「授業で指導を受ける」と「自分で工夫する」のどちらがよいかを尋ねると、51%が前者を選んだようです。学生生活についても「学生の自主性に任せる」より「教員が指導・支援する」方がよいと考える学生は38%で、08年を23ポイント上回りました。

そして、「あまり興味がなくても単位を楽にとれる授業がよい」と答えた学生の比率は8年前より13ポイント多い61%でした。また、大学選択で重視する点として「興味のある学問分野があること」を挙げた学生は54%と10ポイント減少しました。

ベネッセ教育研究所の研究員は「学生の依存的な傾向が強まっている」と指摘しております。授業改革で変えていくのには時間がかかるようですが、何を学び、何の目的で大学に進学するのかを今一度大学受験を予定している生徒は考えるべきだと感じます。主体的に学ぶことを受験勉強で学んでいくのですから。

 

さて、過去の問題に取り組む目的は、先日述べましたように①出題傾向、②出題方式、③難易度、④合格点を知り、これからの受験勉強に役立てることにあります。出題傾向などがつかめれば目的は達成したことになりますが、それを一歩深く進めるのが、受験対策の極意だと言えます。

志望校の出題に取り組むには、まずは実際の入試と同じ制限時間を設定して問題に取り組むこと。時間配分を感覚的に身に付ける訓練です。

そして、きっちりとした正答チェック。正解できなかった問題は、正解できるまで徹底的に攻略する心構えが必要です。間違えた場合は、単なるケアレスミスなのか、知識不足なのか、考え方が根本的に間違えていいたためのミスなのか、きちんと確認して、必ず正解が書けるようにしておくべきです。

正答が手元にある過去問題にチャレンジしながら、正解できなかった問題をほったらかしにする生徒もおります。そのような生徒に限って、他の問題集をやっても、間違いを放置したまま、次の問題、次の問題と単に消化することだけに走っているのではないかと思います。過去問題であれ問題集であれ、間違えた問題は、正解できるまで必ず何度も何度も繰り返しチャレンジする。これが必勝の受験勉強法なことを忘れないように。

もう一つ、過去問題をやる際は、年度別に全教科を処理するやり方でなく、教科別に取り組むことをお勧めします。これも大切な心構えの一つです。英語なら英語だけ。古い年代別にやっていけば、出題傾向や出題方式がはっきりして、自分がどの分野に力を入れて受験対策を進めればよいか、勉強法が明確になるからです。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

-----------------------

既 卒 生  : 入塾締め切りました

高校3年生  : 8月31日(木)まで入塾受付

高校2年生  : 定員まで若干名

高校1年生  : いつでも入塾できます

オプション講座: 定員まで残り2名 

-----------------------

 夏 期 集 中 特 訓 の お 知 ら せ

 8月 9日(水) ~ 8月15日(火)まで

※8月13日(日)を除く

申し込み締め切り:平成29年8月5日(土)まで

-----------------------