勉強は小まめに反復復習しましょう

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

「夏期集中特訓」が終わり、夏休みも残り2週間弱となりました。

普段は家庭-学校-塾と3つの居場所がありますの、どこかで気分転換ができると思います。しかし、夏休み期間中は、ひたすら家庭と塾の往復の期間になることもあります。この夏休みは1か月以上、春や冬とは比較にならない長さに加えて、とにかく暑いです。

夏休みも半ばを過ぎストレスがピークに達すると生徒たちは各々の本性が出る場合があります。その表現方法は男子と女子では全く異なるのです。

男子に比べて精神的な成長が圧倒的に速い女子は、同性のライバルである母親に対して自己主張を始めます。「私は先生に教わった通りに解いているんだから、何にも分からないお母さんは黙ってて」と叫ぶといいます。

一方、成長が遅い男子は、自己主張よりも自己否定に走りがちだといいます。「どうせ僕なんか。。。」といじけ始めて、宿題をごまかしたり、答案を隠したりする人もいるようです。塾に行くふりをして逃亡するのもほぼ全員が男子だといいます。

極論すれば、女子というのは「新しい自分を認めてほしい」、男子は「これまでの自分を愛し続けてほしい」と訴えております。表現方法は異なりますが、どちらも自己被認知欲求であることに変わりありません。

そういうときは、保護者の方は本人の言い分をじっくり聞いてあげてください。早めに暴発を経験した生徒の方が、予後良好となるケースも少なくありません。

 

さて、人が集中できる時間の単位はせいぜい15分だと言われております。集中力は長い時間続きません。ゲームをしている際の脳活動を調べてみても、最初の15秒で脳の活動がピークを迎えます。その後は、緩やかに低下して、敵を倒したりとか、新たな局面に遭遇したとかのイベントがあると一時的に上昇します。

しかし、10分もすると安静時より沈静化した脳活動が頻繁に出現してきます。ゲームのようなものでも、脳が活発に活動している時間はそれほど長くないのです。

学校は、授業時間は45~50分、大学はその倍の90分です。経験的にいっても集中力が続くのは15分で、これは身体のリズムに合っているといえそうです。

この15分のリズムに合わせた勉強法が「起承転結学習法」というのがあります。

まず、初めの15分で「何を学習するのか全体を見通す」、そして次の15分で「記憶する項目を記憶しやすい形で書き出す」、次の15分で「記憶して理解を深める」、最後に「記憶し理解を確かめる」のです。

このように、新しい事柄を理解して、いつでも呼び出し可能な形で記憶に定着させるには、小まめに反復と反芻をしたほうがよいのです。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

-----------------------

既 卒 生  : 入塾締め切りました

高校3年生  : 8月31日(木)まで入塾受付

高校2年生  : 定員まで若干名

高校1年生  : いつでも入塾できます

オプション講座: 定員まで残り2名 

-----------------------