基本5文型

おはようございます。

宮崎市霧島町にあります「英語専門 茂塾」の なかにし です。

 

英文を理解するためにはストーリーの流れや文章全体の構造を把握することがとても大切となります。それぞれの単語にこだわりすぎて、「木を見て森を見ず」という状態になってはいけないのです。

英文全体の流れをつかむためには、その文章の文型を意識するようにしましょう。

英文を構成するそれぞれの単語は、その役割によってS(Subject:主語)、V(Verb:動詞)、O(Object:目的語)、C(Complement:補語)と、その他のM(Modifier:修飾語)に分類されます。知らない単語を目にしたとき、その単語の文章内における役割が分かれば、その意味を推測しやすくなります。

単語をS,V,O,C,Mに分類するためには、「基本5文型」の理解が不可欠です。基本的にどの英語の文章も、5つのパターンに分類することができます。

「基本5文型」は、英文法のなかで最も重要な内容です。少しでも曖昧な部分は、必ず確認しておきましょう。文型の理解を深めるだけでも、英文の理解レベルが各段に上がるはずですよ。

 

【第1文型(S+V)】

Plants grow .(植物は成長する)

「主語+動詞」だけで意味が通じる文章です。何らかの修飾語がついていることもあります。

【第2文型(S+V+C)】

We are hungry .(私たちはお腹が空いている)

S+Vだけでは意味が通じず、さらに補語(C)を必要とする文章です。第2文型の補語は主語の説明をしているため、意味のうえで主語(S)=補語(C)の関係が成り立ちます。(上の例では、We = hungry)

【第3文型(S+V+O)】

Ken wants a bicycle .(ケンは自転車が欲しい)

S+Vに加えて目的語(O)を必要とする文章です。修飾語が加わり、S+V+O+Mとなることもあります。

【第4文型(S+V+IO+DO)】

She gave me an English dictionary .(彼女は私に英語辞典をくれた)

S+Vのあとに二つの目的語(O)を必要とする文章です。「。。。に~をする」という型の二つの目的語のうち「。。。に」にあたる語を「間接目的語(IO)」と言い、「~を」にあたる語を「直接目的語(DO)」と言います。間接目的語には「人」が、直接目的語には「物」が来るケースが多いです。

【第5文型(S+V+O+C)】

My brother named his dog " Shiro " .(私の兄弟は犬に「シロ」と名付けた)

S+Vのあとに目的語(O)と補語(C)の両方を必要とする文章です。意味のうえで目的語(O)=補語(C)の関係が成り立ちます。(上の例では、his dog = " Shiro ")

 

ご参考までに。

 

それでは。

本日も一日よろしくお願い申し上げます。

 

宮崎市霧島二丁目206番地コスモアージュ102

英語専門 茂塾 塾長 中西 茂寿

TEL:0985-41-7474

-----------------------

既 卒 生  : 入塾締め切りました

高校3年生  : 入塾締め切りました 

高校2年生  : 定員まで若干名

高校1年生  : いつでも入塾できます

オプション講座: 定員まで残り2名 

-----------------------